申し込みページ

エンタメ

クイズ番組を支えるプロ直伝!「超」クイズ脳 ~入門編~

START 19:00
END 20:00
料金 ¥2,200
配信媒体 Zoom

NHKEテレの『カズレーザーvs.NHK高校講座』、『Qさま!!』『99人の壁』など多数のクイズ番組で活躍し、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演、いま注目のクイズ作家による新たな脳トレ講座を開催します。クイズ番組が大好きな子供も、頭の体操をしたい大人も大歓迎、親子でも学べます。お得な学生割引も設定!【教室】でも【オンライン】でもOK。


365日、目に映るもの、耳にするもの、あらゆる現場でクイズ問題を“考えまくる”プロ、それがクイズ作家。NHKでも活躍する日髙大介氏を講師に、「クイズ問題」から“柔らか頭”を養う新しい「脳トレ」講座。百戦錬磨の講師がこれまで出会ったクイズ問題を例題に「出題者の意図」を徹底解説。さらに、「主題者の意図を推測し答えを導き出す解答者の思考プロセス」も因数分解。クイズを出す人、出される人の駆け引きもみえてきます。クイズ作家たちがしのぎを削る「クイズ番組」の舞台裏のお話にも注目です。

さて、講師日高氏と事前に打合せをした際、印象的だった言葉がいくつかあります。そして、それこそが、クイズを愛してやまない講師が本講座に込めたメッセージかと思います。ご紹介します。


●「一度学べば一生もの」
宮崎県生まれ、浜松市育ちの日高氏。本格的にクイズに目覚めたのは14歳、高校在学中に『第14回全国高等学校クイズ選手権』で静岡県代表、大学在学中には『パネルクイズ・アタック25』『タイムショック21』優勝、さらに『クイズ王最強決定戦』準優勝などまさに「クイズ王」にふさわしい道を歩んでゆきます。こうして少年時代から積み上げてきた知識、教養は全て、大人となった今、血となり骨となり、日高氏を支えています。『好きこそものの上手なれ』というが、クイズはまさにそれが実現できる世界だと言います。日高氏の熱ーいクイズ愛を受講生に伝授いただきます。
「この講座で一度得た蘊蓄、教養は一生使えますよ。」(笑)


●「一問のなかにドラマがある」
クイズ作家のプロとなった今や、「目にするもの、耳にするもの、すぐにクイズになるんです。」と。脳内はどうなっているのか?どんな情報を収集し、それがどう処理され、どんなクイズ問題となるのか?「クイズ作家のインプットとアウトプットのコツをお見せしたい。」とも。数百本ものクイズ番組に出演、作家として携わってきたなかで、多くの難問、そして良問にも出会ってきた。それら過去の実問題を例に、クイズがまさに生まれる瞬間を解説いただきます。一問を生み出す背景には、それまでの経験や知恵、、、出題者のみぞ知るドラマがあるそうです。ほぉ・・・。


●「小さな成功体験の塊」
もともとはクイズの解答者としてスタートした日高氏。問題に触れれば触れるほど、「出題者」の意図を深読みするように。その試行錯誤の結果、正解へと導かれることに。なぜ、この時期、このタイミングにこの問題が出題されるのか?クイズは社会や時勢と密接に結びついていることが多いという。クイズは「出題者」と「解答者」の想像力、思考力のぶつかり合いでもあるようだ。現在、NHKEテレ『カズレーザーvs.NHK高校講座』でも出題者側としてクイズ監修で参加、解答者であるカズレーザーさんとの深読み合戦を繰り広げている。
「解答者」「出題者」その双方を経験する日高氏だからこその発言が。「どちらの側でもうまくいって成功すれば思わず笑みがもれます。」答えに至るには、一つの物事を色々と角度を変えて見つめてみる、というプロセスがあってこその喜びだ。「クイズを考える脳=クイズ脳には、人生を楽しむヒントもあるかもしれませんね」

打合せが終わりかけたとき、おもむろにカバンの中身を見せてくださった。クイズ作家のカバンの中。興味津々だ。そこには・・・なんと学習参考書がぎっしり。まるで受験生か塾の講師か。しかし実際は、自称「参考書マニア」と笑う。学ぶこと、知ること、が楽しくて仕方ないといった様子だった。さて、今年1月に入り、日高氏のSNSをのぞくと・・・大学入学共通テスト2022を実際に解いてみたようだ。細かな解説も添えられていた。恐るべし・・・。
なにげない日常にも様々な問が溢れている。さあ、自分だったらどう答えを楽しむか?「一度学べば一生もの」。クイズ作家日高氏と一緒に楽しみながら考える講座、まずは第1回入門編開催です。月に1回のペースで今後も開催予定。クイズで広がる『自分時間』をぜひ楽しんでみては?


【講師紹介】
日髙大介(クイズ作家)

大学在学中に『パネルクイズ・アタック25』『タイムショック21』で優勝。その後クイズ作家として『高校生クイズ』『クイズ!ヘキサゴンⅡ』『全国一斉日本人テスト』『百識王』などに携わる。作家活動以外にも、クイズ王として『お願い!ランキング』『笑っていいとも!』『行列のできる法律相談所』など700本以上のメディア出演を重ね、
NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』にも出演。
現在は主に『Qさま!!』『99人の壁』、NHKEテレの『カズレーザーvs.NHK高校講座』に携わり、日本のクイズ作家のトップランナーを走る。2021年9月に放送された『アタック25』最終回でも全国準優勝を果たした。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る