申し込みページ

ビジネス/コンサル

自動翻訳の精度が上がる、技術文書のテクニック

START 11:00
END 12:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

AI+人で生産性を高めるオンライン翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」を提供する八楽株式会社は、無料オンラインセミナー『自動翻訳の精度が上がる、技術文書のテクニック』を2022年2月17⽇ (木)に開催いたします。

今回のオンラインセミナーは、仕様書や要件定義書など技術文書の翻訳に関わる方に向けて、二部制で情報をお届けします。第一部では元々自動車業界の社内翻訳者であった立教大学教授の山田優が、技術文書翻訳の精度を格段に向上させる「ポストエディット」や「プリエディット」のテクニックについて解説します。第二部ではシンプルでセキュアなAI自動翻訳ツール「ヤラクゼン」で、技術文書の翻訳精度をさらに上げる方法についてご案内します。


【内容】
第一部

技術文書を翻訳する際に気をつけるポイントとすぐにできる「プリエディット・ポストエディット」のテクニックについて、立教大学教授の山田優が解説します。

第二部
シンプルでセキュアなAI自動翻訳ツール「ヤラクゼン」で、技術文書の翻訳精度をさらに上げる方法についてご紹介します。


【こんな⽅におすすめ】
・仕様書や要件定義書など、技術文書を翻訳する機会がある方
・テクニカルライティングのスキルを向上させたい方
・Google翻訳やDeepLの翻訳品質に満足しているが、もっと作業効率をアップさせたい方
・社内外の翻訳者に翻訳を依頼しており、時間やコストを圧縮したい方
・AI自動翻訳のセキュリティについて関心のある方


■スピーカープロフィール
山田優教授
立教大学 異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科 教授

東京都出身。米国ウエストバージニア大学大学院修士(言語学)。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科 博士(異文化コミュニケーション学/翻訳通訳学)。フォードモーター社内通訳者、産業翻訳者を経て、株式会社 翻訳ラボを設立。日本通訳翻訳学会理事歴任。現在、八楽株式会社 チーフ・エバンジェリスト。一般社団法人アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)理事。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る