申し込みページ

文化 / 歴史

【シャーマン増殖現象】モンゴル人の100人に1人がシャーマン!?研究の第一人者が生解説

START 20:00
END 22:30
料金 ¥500〜¥1,000
配信媒体 Zoom

途上国・国際協力に特化したメディア「ganas」を運営するNPO法人開発メディアは6月11日(金)、「【シャーマン増殖現象】モンゴル人の100人に1人がシャーマン!?」と題するオンライン講演会を開きます。

登壇するのは、国立民族学博物館の准教授で、モンゴルのシャーマニズム研究の第一人者である島村一平氏。2000年代にかけて、”感染症”のごとく庶民から国会議員まであらゆるモンゴル人がシャーマンに変身した「謎の現象」をじっくり解説してもらいます。


「は?シャーマン?嘘くさすぎてあきれる」「また怪しい宗教勧誘か?」

皆さん、国民の100人に1人がシャーマン(祈祷師)だった国が、実は日本の近くにあるってご存知ですか?朝青龍や日馬富士、白鵬など数多くの力士の故郷、モンゴルです。

そのモンゴルのシャーマニズムを専門に研究する日本人男性がいます!国立民族学博物館の島村一平准教授です。

島村氏いわくモンゴルでは数年前まで、シャーマンに変身する“感染症”が爆発的に広がっていました。“感染”のピークは2011、2012年ごろ。庶民はもちろん俳優やモデル、ミュージシャンに国会議員までこぞって呪文を唱え、精霊を呼び寄せ始めたのです。

首都ウランバートルでは、こんな会話が日常茶飯事だったほど。

「最近じゃ、どこの家に行ってもシャーマンがいる」
「うちの妹もシャーマンになったよ」


シャーマンの出番はこんなときです。

「ケガや病気がちっとも治らない」
「自分や知り合いが交通事故に遭った」
「離婚続きの運命をどうにかしたい」
「学力競争に勝ったけど、仕事がうまくいかない」

というわけで、モンゴルのシャーマニズム研究の第一人者である島村氏に、「シャーマン増殖現象」をオンラインで生解説してもらう機会をご用意いたしました!

島村氏は、モンゴルが1992年に民政移管した直後、日本人で初めてモンゴル国立大学大学院に留学した人。モンゴルで自ら「シャーマンの世界に深く入り込んできた」経験の持ち主です!

さあ、島村氏の講演に耳を傾けて、“シャーマン大国”モンゴルに2時間半で「取り憑かれて」しまいましょう!間違いなくこの講演、聞かないと損するレアもの!今回は特別に、講演の中で精霊がシャーマンに乗り移る瞬間の映像も見せてもらえます!


以下、島村氏のお話のポイントを3つにまとめました。

① 民主化で国は変わる!
・社会主義が崩壊した1992年以降、首都ウランバートルが急速に発展
・2000年代にかけてシャーマンが急増
・増え方は“感染症”レベルで、ピーク時はシャーマンが人口の1%を占めた

② 自らシャーマンに「なる」という選択
・シャーマンは「個人営業主」!?
・シャーマンが不幸や災難から救うのは、本人・家族・友人のみ
・貧困格差や学力競争などで傷ついたプライドも癒やす

③ シャーマン急増のピークから10年のいま
・モンゴル人もついにシャーマンに飽きてきた?
・「シャーマン増殖現象」の復活はありえるか?

ちなみに“シャーマン大国”モンゴルはいま、“ラップ大国”といえるほどラップがさかんです。なんと、ラッパーからシャーマン、逆にシャーマンからラッパーになるモンゴル人もいるとのこと!
*島村氏を取材したganasの記事(2021年5月12日付)


→モンゴルは知られざるラップ大国だった! ラッパーからシャーマンになる人も
講演のあと、島村氏イチ押しの「モンゴル語ラップ」を教えてもらえるかもしれません。音楽&ラップ好きの方は必見です!

途上国や国際協力に興味がある学生や社会人にとっては、日本に近いモンゴルのことを全然知らないと、ちょっと恥ずかしいですよね。モンゴル人シャーマンを理解すれば、他の国のシャーマンとも比較できるチャンス!ステイホームが続くコロナ禍の今のうちに、会話のネタを仕込んでおきませんか?

※このイベントは、ganasが現在開講中の「グローバルライター講座」のアクティビティのひとつである「模擬記者会見」です。今回は特別に、受講者以外の方にも公開します。オブザーバーとしての参加となるため、質問はできません。ご容赦ください。


【登壇者】
島村一平氏(国立民族学博物館准教授/文化人類学・モンゴル地域研究専攻/博士(文学))

早稲田大学法学部を卒業後、テレビ番組制作会社に就職。取材で訪れたモンゴルに魅せられ制作会社を退社、モンゴルへ留学する。モンゴル国立大学大学院修士課程修了(民族学専攻)。総合研究大学院大学後期課程単位修得退学。滋賀県立大学准教授を経て2020年春より現職。主著は「増殖するシャーマン――モンゴル・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ」(春風社、2012年)。新著は「ヒップホップ・モンゴリア 韻がつむぐ人類学」(青土社、2021年)。


【こんな方におススメ】
・宗教やシャーマニズム、不思議な逸話や現象などが好き!
・アフリカや南米、他のアジアのシャーマニズムや伝統的な信仰、宗教儀礼と比べたい!
・モンゴルを訪れたことがある/コロナ禍が明けたら訪れたい!
・逆にモンゴルのことを知らないに等しいので、この機会に知りたい!
・島村氏の新著「ヒップホップ・モンゴリア」/先に載せたganasの記事を読んだ!
・2時間半、シャーマニズム研究者の話にのめりこみたい!
・異色の経歴をもつ研究者から、モンゴルでのユニークな実体験を訊いてみたい!
・大学/大学院で文化人類学を専攻しているが、熱中できる研究テーマが見つからない!
・もともと社会主義の国(モンゴルは旧ソ連に続く世界で2番目)が民主化すると、どう変わるのか気になる!

新着記事一覧

ページ上部へ戻る