申し込みページ

社会情勢

ひとりの明日を変える!こども食堂ってなに?【無料ウェビナー】

START 19:30
END 21:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

医療・福祉分野での⼈材紹介・派遣サービス大手のトライトグループは、この度、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえと合同で、オンラインセミナー「ひとりの明日を変える”こども食堂”」を、2021年6月25日(金) 19時30分より開催します。


こども食堂とは、地域の人達が主体となって開催している、子どもがひとりでも行ける無料もしくは定額の食堂であり、各地域で活動の形は様々です。十分に食事をすることができない子どもたちへの食事提供の場として2012年に始まった取り組みですが、現在は「子どもの貧困対策」と「地域の交流拠点」の2つの役割を果たすだけではなく、地域の多様な人々が食事を通じて繋がる大切な場所となっています。

今回の登壇者である渋谷雅人氏がプロジェクトリーダーを務める認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(以下、むすびえ)では、「こども食堂を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる」をビジョンに掲げ、「こども食堂」「こども食堂の支援者」「未来の子どもたち」を結ぶために、地域ネットワーク支援事業や企業・団体との協働事業、調査・研究事業を行っています。

むすびえの調査によると、全国のこども食堂の数は2020年12月時点で4,960箇所となっており、2020年2月以降のコロナ禍においても186箇所が新設される*1など、地域住民の声に合わせて、年々拠点数は増加しています。むすびえでは、全国のこども達に支援を届けるために、こども食堂を全国の小学校の数である約20,000件に増やすことを目指して活動を行っていますが、こども食堂を開催したくても場所が無いという声や、地域によって協力者や支援が足りないなどの課題もあり、今後全国にこども食堂を増やしていくためには、より多くのこども食堂の認知や、地域住民の理解、支援してくれる人々を増やしていくことが重要です。


本セミナーでは、こども食堂の現状について、またこども食堂との出会いが繋いだ渋谷雅人氏自身のキャリアについてお話ししていただきます。セミナーを通じて、むすびえの活動やこども食堂の現状、こども食堂に関わる人達の様々な想いを医療・福祉に関わる方々に知ってもらうことで、専門知識を持つ人々が地域の一人としてこども食堂に興味を持ち、自身のスキルや知見を、こども達のにぎわいと交流の場を作るための支援にどのように活かすことが出来るのかについて考える契機としていきます。


【セミナー内容】
– こども食堂とは?
– むすびえでの出会い
– こども食堂の「明日を変える」一歩とは


【登壇者】
渋谷 雅人
認定NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ
プロジェクトリーダー

1967年 山形県生まれ。大学卒業後、住友商事に勤務。50歳で早期退職後、企業・NPOの経営戦略ダイアログパートナーとして活動。2020年10月から、むすびえに参加。「人が人を助け、出会うすべての人が自分に正直に生きる社会を生きること」が志。得意分野は、コーチング、ファシリテーション、チームビルディング。共感力と俯瞰力を大切にしている。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る