申し込みページ

社会情勢

ステークホルダー資本主義における持続性と多様性【無料オンラインイベント】

START 19:00
END 20:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

6月21日(月)19時~20時半まで「ステークホルダー資本主義における持続性と多様性」をテーマにzoomイベントを開催します。渋沢栄一氏(シブサワ・アンド・カンパニー)、小野塚恵美氏(カタリスト投資顧問)の基調講演のほか、両氏とスティール若希氏(エンジョイジャパン)によるパネルディスカッションも行います。モデレーターを務めるのはトリスタ・ブリッジズ氏(Read The Air)です。最後に、主催者であるSIVENTHとエンジョイジャパンによるショート・プレゼンテーションも行います。参加費無料。使用言語は英語。


ステークホルダー資本主義でのサステナビリティと多様性

SIVENTHはエンジョイジャパンとの共催で、6月21日(月)午後7時から「ステークホルダー資本主義における持続性と多様性」をテーマにオンラインイベントを開催します。

まずは「日本資本主義の父」渋沢栄一氏の玄孫でもあり、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役の渋澤健氏と社会的インパクトを追求するESG投資を日本で先導するカタリスト投資顧問株式会社取締役副社長の小野塚恵美氏による基調講演を行います。

続いて行われるパネルディスカッションには、渋澤氏、小野塚氏に加え、政治学者でありエンジョイジャパン代表取締役のスティール若希氏が参加します。モデレーターはRead The Air 創業者のトリスタ・ブリッジス氏です。
SIVENTHとエンジョイジャパンはImpacTechが運営する日本財団のプログラム「第4期ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」に参加しています。本イベントはソーシャルビジネスの育成を目的としたこのプログラムの一環として行われます。


SIVENTHについて

SIVENTHはよりよい企業市民になろうとする努力こそが大きく効果的なインパクトを生み出すと考えています。IT企業として、多くの企業の努力と目標の達成を支える2つのプラットフォームを開発しました。

1つ目はサステナビリティシミュレーションです。サプライチェーンを評価し、持続可能性を改善する方法を提案します。2つ目は、サービスとしてのCSR(CSRAAS)です。このプラットホームを利用することで、SIVENTHやSIVENTHのパートナーが実施している国際的な社会的インパクトのプロジェクトへ貢献できます。また自社ですでに行っているCSRやサステイナビリティに関する取り組みを補完したり、改善するきっかけにもなります。CSRやESG、社会的インパクトのリスクに関する統計も記録し、B-Corpのような国際的な社会的インパクト団体に参加する基準を満たしているかの評価も行うことができます。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る