申し込みページ

ビジネス/コンサル

日本のトップ企業役員とシリコンバレーのベンチャー投資家から見たビジネス最前線

START 15:00
END 16:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

信頼・共感をもとに新結合を促すCo-Studio株式会社は、フード・ヘルスケアビジネス分野における新規事業の実態をテーマに、国内外問わず活躍する3名の事業家を招き、日本・海外の事例を用いながら新規事業の最前線について話すウェビナーを7月1日(木)に行うことをお知らせいたします。


■セミナー概要
今回のセミナーでは、世界トップブランドである味の素株式会社にて、国内外で数々のイノベーションを生み出してきた代表取締役副社長の福士氏、20年以上シリコンバレーで活動し、ヘルスケアテックの領域の第一人者ともいえる日本人ベンチャーキャピタリストの清峰氏、さらに、サントリー出身で、現在は起業家として、8兆円とも言われるアメリカのコーヒー市場を狙うWorld Matcha CEOの塚田氏を招き、フード・ヘルスケアビジネス分野での新規事業の実態についてお話いただきます。

三者の異なる視点から、スタートアップ連携、VC活用、海外戦略など、日本企業がグローバルで勝ち残るために必要な「新規事業の真実」に迫る対談セッションです。業界のボーダレス化が進む今、固定領域にとどまることなく、新規事業が【0→100】へと大きな進化を遂げるために、トップとして日々何を考え、どんな世界戦略を描くのかについて、議論していきます。

新規事業担当者だけでなく、会社経営者、役員、経営企画、投資部門の方々にもご視聴頂けますと幸いです。


■登壇者
・味の素株式会社 代表取締役 副社長執行役員 CDO 福士博司氏

北海道大学工学院化学工学修士(1984年)。同年味の素株式会社入社。アミノ酸事業を中心に技術畑を経験。MBA、PhD(Business)を取得後、ヘルスケアを主体とした事業畑に転向し、専務執行役員アミノサイエンス事業本部長時代に事業改革を実行。現在は、代表取締役副社長、CDOとして全社のデジタルトランスフォーメーションを推進中。

・Kicker Ventures CEO 東北大学特任教授 清峰正志氏

米ダートマス大学卒業後、2004年より三井物産グローバル投資で米国を拠点にグローバルにアーリーステージのヘルスケアスタートアップへのベンチャー投資を担当。特にデジタルヘルスや医療機器にフォーカスし複数のEXITを経験。2017年にKicker Venturesを立ち上げ、スタートアップやベンチャーの戦略アドバイザリーやヘルスケアとテクノロジーの新結合が創り出すソリューションや高齢化社会が作り出す新たな課題に取り組むプロジェクトを開始。

・World Match Inc. Co-founder&CEO 塚田栄次郎氏

1975年⽣まれ。東京⼤学卒業後、サントリー株式会社⼊社。 新商品開発を担当し、 DAKARAやGokuriなどのヒット商品を⽣み出す。 その後、⽶国スタンフォード⼤学経営⼤学院(MBA)へ留学。 卒業後は⽇⽶で茶事業に携り、烏⿓茶、伊右衛⾨を担当後、 特茶を開発。⽶国では Stonemill Matchaを⽴ち上げ抹茶カフェ事業を開始。 2019年サントリーを退職し、⽶国にてWorld Matcha Inc.を創業。抹茶の飲⽤機会を世界へ拡げるため、 家庭で簡単に碾きたて抹茶が楽しめる「Cuzen Matcha」を開発。2020年秋、⽶国発売直後「Time’ s Best Inventions of 2020」に選ばれ、CA州を中⼼に顧客を広げている。2021年7⽉、⽇本発売。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る