申し込みページ

2021年08月08日 (日)

親子で学ぼう

京大の動物博士と一緒に夏休みの自由研究!オンラインイベント「動物のわかっていること・わかっていないこと」

START 10:00
料金 ¥5,500
配信媒体 Zoom

『探究楽習みらい研究実行委員会』、京都大学野生動物研究センター(WRC)、京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院は、小学生を対象にした夏の自由研究オンラインイベント『動物のわかっていること・わかっていないこと』を、2021年8月8日(日)1回目10:00~11:50/2回目14:00~15:50の2回開催します。


イベントのテーマはズバリ「動物のわかっていること・わかっていないこと」。

野生動物には私たちが知らない“生態の謎”が多くあります。「キリンの鳴き声の謎‥」「バクの模様の謎…」などなど、知っていますか? このように動物にはまだ解明されていない“生態の謎”がたくさん残されています。今回のイベントは、このような“生態の謎”に対して仮説を立て、京都大学野生動物研究センター(WRC)と京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院の研究者と一緒に検証していくというものです。今回のイベント用に開発された『自由研究サポートキット』を使い、様々な角度から“謎”を検証。夏休みの「自由研究」の課題としてもそのまま学校に提出できるよう、まとめ方もお伝えします。

また、約2時間のイベントのなかでは、京都市動物園から動物もオンライン参加し、職員から生態のリアルレポートも聞くことができます。コロナ禍で外出が制限され、夏休みの予定が立てにくい今、「探究楽習」※のすばらしい機会となること間違いなしのイベントとなっています。


【『動物のわかっていること・わかっていないこと』概要】
\研究テーマは4つ!好きな動物の謎を選んで参加しよう!/

研究テーマは1:キリン、2:ゾウ、3:チンパンジー・ボノボ、4:バクの4つのわかっていない生態の謎から一つを選んで参加していただけます。

1:『キリンの鳴き声のナゾ…』
キリンはほとんど声を出さないことは、
わかっている。
でも、なんで声を出さないのか、
わかっていない。
キリンコース担当研究員:齋藤美保(京都市動物園 生き物・学び・研究センター 研究推進嘱託員 /京都大学野生動物研究センター特任研究員)

2:『ゾウの嗅覚のナゾ…』
ゾウは犬の何十倍も何百倍も鼻がいいことは
わかっている。
でも、
なんでそんなに鼻がいいのか、
わかっていない。
ゾウコース担当研究員:幸島司郎(京都大学野生動物研究センター特任教授)

3:『チンパンジーとボノボのナゾ…』
チンパンジーは激しいケンカをするのに、
同じ祖先をもつボノボは激しいケンカをしないことは、
わかっている。
でも、
なんでチンパンジーとボノボがそんなに違うのか、
わかっていない。
チンパンジー・ボノボコース担当研究員:平田聡(京都大学野生動物研究センター教授)、徳山奈帆子(京都大学霊長類研究所国際共同先端研究センター助教)

4:『バクの模様のナゾ…』
マレーバクも、アメリカバクも、
子どもの時は同じまだら模様なことは、わかっている。
でも、
なんで大人になると色が違ってくるのか、わかっていない。
バクコース担当研究員:田和優子(京都市動物園 生き物・学び・研究センター教育普及嘱託員/京都大学野生動物研究センター特任研究員)


\子ども達が楽しく夏の自由研究に取り組める工夫がいっぱい!/
★キミも動物博士の仲間入り!
プロの動物研究者と一緒に、考えかたのツール「思考の達人ツール」を使いながら、秘密に迫って考えを深めていきます。
イベント終了後に『京大WRCキッズ動物博士 認定証』をもらおう!

★動物園から動物たちも参加!
京都市動物園から、動物たちと職員さんがオンラインで参加します。
生態について詳しく教えてもらおう!

★自由研究もばっちり!
『自由研究サポートキット』に書き込んでいくので
動物たちの「わかっていないこと」について自分の考えをしっかりまとめることができます。
事前課題としてイベントの前に研究者に提出して、キミの「仮説」を読んでもらおう!


【対象年齢】
小学生

新着記事一覧

ページ上部へ戻る