申し込みページ

お金の運用

経営者必見!コロナ後の経営とお金にフォーカスしたオンラインセミナー「コロナ後に備えて経営者が考えるべき”経営”と”お金”の話」

START 15:00
END 17:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社日本M&Aセンターは、2021年7月8日午後3時よりオンラインセミナー「コロナ後に備えて経営者が考えるべき”経営”と”お金”の話」を開催いたします。


当社は中堅・中小企業のM&Aのリーディングカンパニーとして、経営者の皆様向けに事業承継問題解決のM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、年間のべ1万人の方にご参加いただいております。

今回のオンラインセミナー「コロナ後に備えて経営者が考えるべき”経営”と”お金”の話」では、新型コロナウィルスにより各業界の経営者の方々にハードな状態が続く中、コロナ後に新たなスタートを切るために経営者に必要な知見を「経営」「M&A」「お金」という切り口でご紹介します。

登壇は、M&A業界の第一人者であり、自身も時価総額1兆円企業の経営の指揮を執る当社代表取締役社長・三宅卓、日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」元社長で現当社専務執行役員・中村利江、レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長 最高投資責任者(CIO)・藤野英人氏の3名を予定しております。


【セミナー内容】
【第1部 “コロナ禍”を生き抜く経営戦略】

コロナ禍において、いかに企業を存続させ、経済を維持・発展させるのか。これからの時代を生き抜く為のM&Aを活用した経営戦略について、ご紹介致します。

講師:日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅 卓
1991年に、日本M&Aセンター設立に参画。設立以来、数百件のM&Aの仲介、成約に携わる。豊富な経験をもとに、現在も中堅・中小企業M&Aの第一人者として、多くの経営者への助言を行なっている。

【第2部 コロナ後に経営者が考えるべきお金の話】
自身もレバレッジ戦略によって株式会社出前館を成長させてきた、元出前館社長の中村と、お金のプロであるレオス・キャピタルワークス 代表取締役社長の藤野氏により、①企業経営に必須となるレバレッジ戦略、②経営者個人が考えるべきお金の話 をテーマにお話いただきます。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る