申し込みページ

2021年08月01日 (日)

文化 / 歴史

真珠湾攻撃とミッドウェイ海戦~何が分水嶺だったのか~

START 13:00
END 15:00
料金 ¥3,000〜
配信媒体 Zoom

株式会社KADOKAWAは、『「太平洋の巨鷲」山本五十六』発刊を記念し、著者の大木毅さんによるオンライン講座を2021年8月1日(日)に開催いたします。


ネット上でフェイクが溢れる戦争の歴史。
判明している「事実」を『独ソ戦』著者が徹底講義

太平洋戦争開戦から今年は80年。開戦初期の勝利として有名な1941年12月の真珠湾攻撃と、手痛い敗北としてまた有名な42年6月のミッドウェイ海戦。いずれの戦いでも、作戦の実行に大きな役割を果たしたのが、日本海軍のスーパースター・山本五十六です。

新書大賞2020大賞を受賞し、12万部超のベストセラーとなった『独ソ戦』をはじめ、『「砂漠の狐」ロンメル』『戦車将軍グデーリアン』といった著作で、欧米の研究成果が一般書では30~40年も紹介されていなかったために生じていた偽史、トンデモを駆逐し、最新研究を新書で学べるように取り組んできた大木毅さん。
大木さんは、今夏、ついに日本海軍の雄・山本五十六に挑戦し、純粋に軍人としての能力、用兵思想家としての力量から分析した『「太平洋の巨鷲」山本五十六』を上梓しました。

真珠湾攻撃とミッドウェイ海戦は日米で何度も映画になっているように、世界的に有名な戦いです。しかし、いったい何で重要な戦いなのか、実際はどのような戦いだったのか、山本五十六は結局何をして、何に成功し、そして失敗したのかを答えられる人は意外と多くありません。
とかく戦争の歴史はイデオロギーありきのいい加減な情報が溢れています。新著の執筆で判明した新事実はもとより、いまわかっていることと、まだわかっていないことをしっかりと学べる講座です。


【講演内容&タイムテーブル】
・真珠湾攻撃を戦略、作戦、戦術の三次元から分析する
・空母、戦艦、航空機への山本五十六の評価
・海軍航空と戦略爆撃
・当初から杜撰だったMI作戦(ミッドウェイ攻略)、何が問題だったか
・いまだ再生産される俗説「運命の5分間」 ほか

新着記事一覧

ページ上部へ戻る