申し込みページ

ビジネス/コンサル

明治大学名誉教授 市川宏雄氏が語るオンラインセミナー「長引くコロナ禍で東京の不動産市況は?」

START 13:00
END 14:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメントは、明治大学名誉教授 市川宏雄氏が登壇するセミナー「長引くコロナ禍で東京の不動産市況は?」を2021年7月31日(土)にオンライン形式で開催いたします。


GLMは、不動産投資をはじめとした資産運用や保険などのマネー全般について学べる「ゼロからはじめる不動産投資セミナー」を年間952回開催(2020年実績)し、不動産投資のノウハウからメリット・デメリットまで幅広く解説しています。

このたび、明治大学名誉教授であり、GLMが2019年1月に設立した「グローバル都市不動産研究所」の所長も務める市川 宏雄 氏を特別ゲストに迎え、『長引くコロナ禍で東京の不動産市況は?』をテーマにお話しいただきます。また、本セミナーは報道関係者様のご参加も可能です。ぜひこの機会に、ご取材もご検討いただけますと幸いです。


東京への人口流入状況と動向予測
昨年、コロナ禍にありながらも総人口約1,400万人となった東京都の未来とは?
・開発が続く東京都心部と大都市圏の人口動向と、その都市計画について
・2021年以降「日本国内からみた東京」と「世界からみた東京」を徹底比較


新型コロナウイルスによる都心開発への影響
コロナ禍で変わった働き方が、都心居住への意識と需要をどう変えていくのか?
・アフターコロナ、都心居住の需要への影響を予測
・コロナ禍の影響を受けて、コンパクトマンションの立地や人気エリアはどう変わる


東京という都市、その不動産の価値は今後どう変わっていくのかわかる60分
コロナ禍により、ますます資産形成が注目される時代において、不動産投資が景気動向に左右されづらいと言われる理由とは?
都市政策の第一人者である市川氏が、開発が続く東京の都市計画と不動産価値についてお話します。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る