申し込みページ

ビジネス/コンサル

デジタルツインが物流を変えるって…ホントですか?

START 13:00
END 14:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

DX、IoT、そしてAI…デジタル革命が進展するなか、先端技術は私たちの想像を超える地点に進みだしていますね!
今回は物流、サプライチェーン・ロジスティクス(SCL)分野でもDXの有力ツールとして期待されている、“サイバーフィジカルシステム(CPS)” “デジタルツイン”(DT)にスポットを当てます。


CPSとは、「実世界(フィジカル空間)にある多様なデータをIoTセンサネットワーク等で収集し、サイバー空間でコンピュータ・AI等を駆使して分析/知識化。

創出された情報/価値を実空間にフィードバックし、産業の活性化や社会問題の解決を図っていくもの」(JEITAの定義を元にアレンジ)です。

つまり実空間で起こっている物流の変化や状態を常に追ってデジタルデータで把握し、サイバー空間でまとめて分析し、実空間を最適コントロールしようというわけ。その範囲が「輸配送」など1つの業務だけでなく周辺に広がり、深度・粒度を高めることで、サイバー空間に実空間の双子、“デジタルツイン”を創り出せる、というのだけれど・・・。

◆そんなこと、ホントにできるんですか?
◆それで物流/サプライチェーン・ロジスティクスにどんな価値が生まれるの?

…今さら聞けない素朴な疑問を、この分野で国内トップクラスの技術力と知見を持つNECさんに直接ぶつけ、対談でその本質を引き出します。ぜひご視聴ください!!


【このような方におすすめ】
・メーカー/3PL責任者の方
・自社物流に課題意識をお持ちの経営層の方
・中期的な物流戦略構築に取り組んでいる方
・物流DX/デジタル化に取り組んでいる方


【対象】
荷主様向け(メーカー様、3PL様)

新着記事一覧

ページ上部へ戻る