申し込みページ

AI / IoT / 最新技術

生産性向上に効く、AIカメラ活用の事例とノウハウを学ぶ!AIカメラ活用セミナー

START 16:00
END 18:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

● 監視以外にも、活用シーンが拡がるAIカメラ
昨今カメラは、防犯、サーマル、顔認証といった分野で急速に利用が進みました。さまざまなものを映せるカメラは、在庫(知る)、通行状況(数える)、計測器のメーター(見る)、生産品の仕上がり(調べる)といった業務において柔軟で万能なセンサーとしても使えます。さらに、近年急速に進化したAIや機械学習(ML)と組み合わせることでより複雑な業務を代替できます。

最近は、店舗や道路の混雑度状況の把握、オフィスや倉庫の入退室管理、計測器の自動点検といった業務改善にも活用されています。技術視点からも、AIカメラや用途別のパッケージソリューションも手軽に使えるものが増え、活用時の選択肢も増えてきています。


● セルラー搭載で、AIカメラを活用しやすくする「S+ Camera」
ソラコムが提供するS+ Camera(サープラスカメラ)は、手軽に開発できるAIカメラです。リーズナブルに1台から入手でき、セルラー搭載で簡単に設置可能、自作のAIアルゴリズムをインストール、リモートから更新できます。


● AIカメラの事例と手順をわかりやすく解説、体験ワークショップも
セミナー冒頭では、AIカメラ活用でニーズの高い「屋外設置」をテーマに、AIカメラ活用事例と、屋外に設置する際に考慮すべき仕様やネットワークなどの課題とその解決策についてわかりやすくご紹介します。

セミナー後半では、エッジコンピューティングの最新動向を踏まえ、エッジ(AIカメラ)側の性能向上の方法とその効果および、AIアルゴリズムを手軽に活用するための方法をご紹介します。

本セミナー終了後、希望者はAIカメラのリモート操作を体験するワークショップ型のセミナーに参加いただけます。リモートでAIカメラにアクセスして操作する形式ですので、パソコンをお持ちであればご参加可能です。

AIカメラにアクセスし、リモートから画像を確認する「シンプルな画像取得」、必要な情報のみを切り出すことで通信料を節約できる「画像の切り出し」、紙や電光掲示板といったアナログ情報をデジタル化できる「文字読み取り(OCR)」の3つのサンプルアルゴリズムを実際にインストールします。


● さらに、AIアルゴリズム開発を学びたい方は
ソラコムでは、本セミナーの他にも、AIカメラの開発エンジニア向けのセミナー「SORACOM AI セミナー」も定期的に開催しています。次回は2021年8月20日に、「エッジとクラウドのハイブリッドアーキテクチャのすゝめ」と題して、エッジAIとクラウドAIの使い分け、活かし方について解説します。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る