申し込みページ

ビジネス/コンサル

リモートでも「商談化率」を上げる!これからのインサイドセールスの手法とは!?

START 11:00
END 12:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

急速なリモートワークの普及でインサイドセールスが注目され、すでに多くの企業が導入を進めています。その一方で、「顧客と連絡がつかない」「電話とメール以外のアプローチがわからない」「新規のリードをさばききれない」など、新しい営業手法ならではの課題が増加しています。インサイドセールス導入企業は次の段階として、業務効率化を図り、より商談化率を上げる手法の検討が必要です。

今回は、pickupon株式会社の小幡 氏と株式会社RECEPTIONISTの白上 氏とともに、リモートワークが普及した状況下でも商談化率を上げるためのインサイドセールスのノウハウについてお話しします。


<本ウェビナーは、このような課題を解決します>
・分業型セールスを取り入れたが、うまく運用できていない
・リソースが不足しており、DXを活用して運用していきたい
・他社が実践した分業型セールスの事例を知りたい


<内容>
・昨今のインサイドセールス市場
・導入期と過渡期で変化する運用ポイント
・商談化率アップを導くこれからのインサイドセールス


<登壇者>
小幡 洋一 氏
Pickupon株式会社
代表取締役 

システム制作会社でCGMメディアの立ち上げや、PRの効果測定ツール(SaaS)開発に携わる。
Open Network Labに採択され2018年2月に起業。その後、IBM BlueHub等のプログラムへ採択されながら開発を進め、2019年9月に会話サマリーAI電話「pickupon」をリリース。

白上 大典 氏
株式会社RECEPTIONIST
セールスグループマネージャー

経営コンサルティング会社等を経て、HRベンチャーのクックビズ株式会社に入社。
営業企画室にて新規事業を担当し、東証マザーズ上場に貢献。
2017年より株式会社ミロク情報サービス子会社でAIビジネスの事業企画を担当し、ソフトバンク「Ecosystem PartnerAwards 2017」Excellent solution Partner受賞。その後、スタートアップでのBizDevを経て現職。
2020年6月、テレワークのノウハウが『いますぐ!超実践テレワーク』(WebDesigning編集部)に掲載。
タスク管理アプリ「Todoist」認定アンバサダー。

仲 雄己
株式会社ウィルオブ・ワーク
セールスアシスト事業部営業推進部マネージャー

2008年ウィルオブ・ワークに新卒入社。
人材紹介・人材派遣の新規営業に従事し、2013年に下期粗利実績グループ数百名のトップの実績を出す。

通信系大手企業の本部窓口として従事しながら、現在はセールス支援事業の責任者とインサイドセールスからフィールドセールスまでのマネジメントに従事。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る