申し込みページ

ビジネス/コンサル

教えて加藤洋平さん!人材開発に成人発達理論をどう活かすの?〜

START 16:00
END 17:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

現在多くの企業は、社会の変化に対応する戦略の転換や新価値創造が求められ人事システムの見直しや、マネジメントスタイルの変革など、組織内での変革も求められています。

DXの推進やニューノーマル時代への対応など、課題は多様化し複雑化してきているようです。
実際に、人材開発を担当する皆様とのお話の中で以下のような声を伺います。
・次世代の経営人材の育成が今まで以上に難しくなっていきている
・新しい価値の創造やイノベーションを起こせていない
・多様な人材を活かすマネジメントがうまくできていない
・1on1など、会話を増やしているが、成長につなげられていない
・ミドルシニアの意識改革がなかなか進まない…など。


そこで今回、ロバート・キーガン教授のもとで学んだご経験も持つ知性発達学者 加藤 洋平氏をお招きしました。改めて成人発達理論の理論をお伝えいただくことと、現在多くの企業が抱える難易度の高いマネジメント課題に対して、対談・質疑応答形式で、課題解決のヒントを提供していきたい思っています。

加藤氏より「ジャズでやろう(質問メインのアドリブで)」とリクエストをいただき、皆さまと一緒に考える1.5時間にしたいと思っています!


<概要>
・対談形式による、成人発達理論の概要の理解
・現代のマネジメント課題に、成人発達理論をどう活かすか
・質疑応答(質疑は随時行う予定)


■セミナーお申込対象者■
・人材開発・組織開発・部門育成のご責任者・担当の方
・社員のキャリア自律を促す人事・部門の育成担当の方
・成人発達理論を組織開発・社員育成に導入検討したい経営者の方


■スピーカー■
加藤 洋平 氏

知性発達学者。発達科学の最新の方法論によって、企業経営者、次世代リーダーの人財育成を支援する
人財開発コンサルタント。一橋大学商学部経営学科卒業後、デロイト・トーマツにて国際税務コンサルティングの仕事に従事。退職後、米国ジョン・エフ・ケネディ大学にて統合心理学の修士号を取得。
元ハーバード大学教育大学院教授ロバート・キーガン教授とカート・フィッシャーをメンターに持ち、
成人発達理論の大家オットー・ラスキー博士に師事し、発達測定の専門家としての資格を取得。
現在、オランダのフローニンゲン大学に在籍し、複雑性科学と発達科学を架橋する研究に従事。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る