申し込みページ

美容/健康

オンライントークセッション~コロナ禍におけるアピアランスサポートと私たちが今出来ること~

START 13:00
END 14:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

本イベントは、がん治療中のアピアランス(見た目)の悩みと、その克服方法、周囲のサポートについて、乳がんと闘う矢方美紀さん(タレント・元SKE48)とNPO法人全国福祉理美容師養成協会(以下NPOふくりび)の事務局長 岩岡ひとみさんのトークセッション形式で実施します。


FWD富士生命では、“がんと共に自分らしく、美しく過ごせる社会”の実現を目指し、NPOふくりびとともに、乳がん患者の方に向けたウィッグ寄贈企画や、アピアランスの悩みを解決する方法やグッズを矢方美紀さんが紹介する動画「#あぴサポチャンネル」の公開など、がん患者の方の支援およびアピアランスサポートの認知向上と理解を深める取り組みを実施してまいりました。
今回のトークセッションでは、それらの取り組みの成果を振り返るとともに、今後の課題やアピアランスサポートの重要性ついて、矢方さんご自身の体験も交えながらお話しいただきます。加えて、実際にウィッグ寄贈を受けたがん患者の方にもご参加いただき、感想やご自身の中での変化などお話を伺います。

また、長引くコロナ禍で外出を避ける状況のなか、ストレス解消の機会や、患者さん同士の情報交換・交流が減少しており、孤独を感じやすくなっているという新たな悩みも出てきています。そのような中求められる「これからのアピアランスサポート」についても、矢方さん、岩岡さんにお話しいただきます。

がん患者の方、そしてご親族、ご友人など周りでサポートをされる皆様と一緒にアピアランスサポートについて改めて考える機会となれば幸いです。皆様の参加をお待ちしております。


【登壇者】
<矢方美紀さん>

1992年6月29日 大分県出身
7年半所属したSKE48ではチームSのリーダーを務めた。
2018年4月、25歳の時にステージ2Bの乳がんにより、左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受ける。
「自身の身体を知る」ことの重要性を伝えるとともに、癌になっても夢を諦めない、前向きに生きている姿を日々発信している。現在は、テレビやラジオ出演・ナレーション・MC・講演会等、名古屋を拠点に全国的にタレントとして活動中。2020年には、子供の頃からの夢である声優としてもデビューした。

<岩岡ひとみさん> NPO法人 ふくりび(全国福祉理美容師養成協会)事務局長
ヘルパー2級取得、美容師国家資格取得。2009年内閣府青年社会活動コアリーダー育成プログラム英国派遣団員。2010年東アジア地域国際シンポジウム招聘者。2012年内閣府女性のチャレンジ賞受賞。2013年シアトルiLeap SIFJ招聘者、第27回人間力大賞厚生労働大臣奨励賞受賞。 2015年クラウドファンディングサイトReadyfor ? Lady賞受賞。
これまでに2,000名以上のがん患者のアピアランス相談を担当。
著書に、「訪問理美容スタートBOOK(女性モード社)」「がん闘病中の髪・肌・爪のサポートブック(英治出版)」など。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る