申し込みページ

2021年10月23日 (土)

エンタメ

Web小説サイト「カクヨム」がおくる小説創作講座

START 18:00
END 21:00
料金 ¥3,000
配信媒体 Zoom

KADOKAWAの現役編集者3名が強力タッグを組み、12月から始まる日本最大級の小説コンテスト「第7回カクヨムWeb小説コンテスト」の応募対策講座を開催します。より面白いライトノベル/新文芸を書くための基礎知識から実践テクニックまで、編集者の目線でお届けします。


約3時間の長編講座は3つのパートに分かれています。そもそも「ライトノベル」や「新文芸」とはどういった性質の小説ジャンルなのか、MFブックス編集長が解説する【ライトノベル/新文芸概論】。カクヨムの上手で効果的な活用法について、カクヨム編集長が直々に語る【カクヨム活用法】。

そして、第3回カクヨムコン受賞作にしてアニメ化企画も進行中の人気ラブコメ『継母の連れ子が元カノだった』の担当編集者を講師に迎え、「『連れカノ』が受賞作に当時選ばれた理由」や、作品を魅力的にしているキャラ造形/ストーリー構成など、編集者目線で「より良い作品を生み出すため」の創作論を展開します。

第7回カクヨムコンに応募予定の方はもちろん、現代に生きる創作者必見・必聴の長編講座です!


【講座内容】
【1】ライトノベル/新文芸概論

・ライトノベル/新文芸市場の歴史と変遷
・編集者の役割
・ターゲットの想定/ストーリーづくりの基本
・物語の原型を理解する

【2】カクヨムコン受賞作『継母の連れ子が元カノだった』創作論
・担当編集者が作品のどのような点を良いと思ったか
・カクヨムコン応募作を読むうえで、どういった点に注意して読むか
・キャラ造形やストーリー構成の方法について

【3】カクヨム活用法
・人気作品の定量分析から探るカクヨムコン対策
・カクヨムを最大限に使いこなす作者向けテクニック紹介


【こんな人におすすめ!】
・カクヨムコンをはじめ、Web小説コンテストで受賞を目指しているかた
・自分の作品に自信がない、または伸び悩んでいるかた
・普段はカクヨムで小説を読んでいるが、執筆にも挑戦してみたいかた


出演者
堤由惟:【1】ライトノベル/新文芸概論
木田泰成:【2】カクヨムコン受賞作『継母の連れ子が元カノだった』創作論
河野葉月:【3】カクヨム活用法

新着記事一覧

ページ上部へ戻る