申し込みページ

ビジネス/コンサル

これからの時代の環境配慮型店頭販促物のあり方とは

START 14:00
END 15:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

凸版印刷株式会社は、消費者の環境問題に関する意識の向上を背景に「環境に配慮した店頭づくり」を実現するための店頭販促物を開発しました。

この度、凸版印刷は環境配慮市場の動向を解説し、消費者マインドの変化に則した「環境配慮型POP」を紹介するセミナーを、2021年10月13日(水)にオンラインで開催します。


■ 開催の背景と概要
環境に対する各企業の課題意識は日々高まっており、各業界で脱プラ・省プラの動きが活発化しています。また、度重なる異常気象、災害、水害により、国や企業だけでなく、生活者レベルで環境に対する意識も変化しており、世間での関心度は大幅に高まっています。

消費者のマインドが「サスティナブルを意識した生活スタイル」に変化する中、店頭販促施策のあるべき姿も変わっていく一方で、店頭での環境対策は課題も多く、スピーディーに実行する事が困難です。

凸版印刷は、2019年11月に策定した「TOPPAN SDGs STATEMENT」において、SDGs(Sustainable Development Goals)の取り組み強化を宣言しました。さらに、2020年11月には「TOPPAN Business Action for SDGs」を策定、サスティナブルな地球環境を目指すなど、事業活動でのマテリアリティを設定し、SDGsの達成に向け取り組んでいます。

店頭販促について数多くの知見を有する凸版印刷は、環境配慮のモノづくりも強みとしており、「環境に配慮した店頭づくり」にも取り組み、昨今の消費者マインドの変化に則した「環境に配慮した店頭づくり」を実現するため、4つのコンセプトからなる「環境配慮型POP」を開発しました。

今回のセミナーでは、このような状況を踏まえ、店頭販促活動が「環境に配慮された持続可能なもの」となるよう、店頭販促物の環境配慮に関する市場動向を交えながら解説します。


■ セミナー内容
・プログラム①:「環境配慮市場動向・環境配慮への凸版の取組み」

≪登壇者≫
凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 マーケティング事業部 妹尾 琢史

・プログラム②:「環境配慮型POPのご紹介」
≪登壇者≫
凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 マーケティング事業部 西野 宏紀


■ セミナー対象者
・店頭販促物の環境配慮市場動向を掴みたいという方
・店頭販促物の脱プラ・省プラ化でお悩みの方
・環境配慮について、何から手を付けて良いかわからない方
・店頭販促物の環境配慮素材活用を検討している方
・自社製品でサスティナブルなコンセプトのものを流通/消費者にアピールしたい方
・店頭販促物の回収・リサイクルを検討している方

新着記事一覧

ページ上部へ戻る