申し込みページ

2021年10月30日 (土)

エンタメ

11月13日

『バーフバリ』も解説する「インド映画を読み解く」講座

START 13:00
料金 ¥9,900(全3回分)
配信媒体 Zoom

歌って踊るマサラムービーから進化を遂げた、宗教の融和や、カースト制度の瓦解、ジェンダーなど、社会問題を反映させた最新のインド映画と、表象される文化について、『きっと、うまくいく』等、多数の字幕翻訳を手がける松岡環が解説します!

インド映画における社会問題の描写は一段と先鋭化してきている一方で、『バーフバリ』シリーズのような、インドの神話的世界に彩られた娯楽大作が世界中を席巻するなど、これまでになく多様化しています。

変貌するインド映画の最前線を、一緒にのぞいてみませんか。
作品の好みに合わせて、1回毎の受講も可能です。


【内容】
★の作品をメインに、☆は補足的に取り上げます。

① 10/16 『バーフバリ』二部作とインドの神話的世界
日本でも空前のヒットとなった映画『バーフバリ』シリーズ。
インドの神話世界や文化との関わりについて解説します!

★『バーフバリ 伝説誕生』
2015年/テルグ語/日本公開:2017年4月8日/配給:ツイン
★『バーフバリ 王の凱旋』
2017年/テルグ語/日本公開:2017年12月29日/配給:ツイン

② 10/30 カースト問題とインド映画
インド社会に深く根を張るカースト問題と、その瓦解がテーマです。

★『裁き』
2014年/マラーティー語他/日本公開:2017年7月8日/配給:トレノバ
★『僕の名はパリエルム・ペルマール』
2018年/タミル語/映画祭上映:2020年9月/提供:SPACEBOX
☆『ガリーボーイ』
2019年/ヒンディー語/日本公開:2019年10月18日/配給:ツイン

③ 11/13 インド映画とフェミニズム
ジェンダーやフェミニズムをテーマに、話題作を解説します!

★『マダム・イン・ニューヨーク』
2012年/ヒンディー語/日本公開:2014年6月28日/提供:ビオスコープ
☆『パッドマン 5億人の女性を救った男』
2018年/ヒンディー語/日本公開:2018年12月7日/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
☆『マニカルニカ ジャーンシーの女王』
2019年/ヒンディー語/日本公開:2020年1月3日/配給:ツイン


【講師プロフィール】
1971年大阪府外国語大学卒(ヒンディー語専攻)。
1976年からインド映画の紹介と研究を開始。
現在は様々なインド映画の上映に協力している。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』、『きっと、うまくいく』、『パッドマン 5億人の女性を救った男』など、インド映画の字幕翻訳を多数担当。
著書に、『新たなるインド映画の世界』(PICK UP PRESS、2021年)、『インド映画完全ガイド』(世界文化社、2015年)、『アジア・映画の都』(めこん、1997年)等。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る