申し込みページ

SDGs

社会とビジネスの持続可能性を高めるグランドデザインの描き方

START 11:00
END 12:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

公認会計士や税理士など、多くの国家資格や検定試験の受験指導といった教育事業を展開しているTAC株式会社は、経営知識が学べる企業経営アドバイザー講座から、先行き不透明な中でも持続可能なビジネスのヒントとなる無料セミナー「社会とビジネスの持続可能性を高めるグランドデザインの描き方」を10/16(土)に実施します。

知って!学んで!もらえる!中小企業のSDGs応援キャンペーンセミナー第3弾です。


自社・クライアントのビジネスはこの方向であっているのだろうか?
先行きが不透明で、将来の予測が困難な状態な中で何を基準として進んでいったらいいんだろうか?とお悩みの経営者や事業者は増えています。

企業/経営者がグランドデザイン(全体構想)を描くことは、ビジネスの持続可能性を高め、ステークホルダーの共感を得るために必要な第一歩です。
そして社会課題解決への貢献がかつてないほど問われている現在~将来においては、グランドデザインにSDGsの視点を取り入れることが必須となっています。気候変動問題などに対応してビジネス環境が激変するなかで、5年後10年後の未来においてビジネスを成長させるために、SDGsへの取り組みがヒントになるかもしれません。

数百社の事業計画作成を指導し、企業価値向上に力を尽くしている現役コンサルタントが、激しく変化する状況の中での価値判断基準とSDGsをチャンスに変えるグランドデザインの描き方をお伝えします。


このような方にオススメ
・SDGsを事業計画に取り入れたい方
・グランドデザイン策定方法を知りたい方
・将来予測と会社、事業のバランス感を知りたい方
・持続可能な経営、事業について理解を深めたい方
・自社の特徴的価値をあらためて見出したい方
・クライアント企業の支援をしている方


【内容】
❶変わり続ける人々の価値観 ・10年前と今の価値判断基準

・外部環境の予測とお客様の価値観
・経済価値、社会価値、環境価値
・人間の欲求と市場の可能性

❷経営者が描く
グランドデザインの視点と事例 ・風が吹けば我が社が儲かる
・抽象度を高めた思考
・社員の心をまとめ上げるビジョン
・地球儀で考える
・見えないものを見えるようにする
・次の事業を探す視点
・全体最適の組み立て方
・毎年書き換えるグランドデザイン

❸SDGsを本業に据えた
事業体への進化 ・社会性、持続可能社会から自社の事業はどう見えるか?

・先行者利益と残存社利益
・論語と算盤
・SDGsウォッシュと叩かれない
・現業にサステナブルを組み込む
・新規事業やM&A先をサステナブルな事業に
・計画書にまとめて社内外へ発信を

新着記事一覧

ページ上部へ戻る