申し込みページ

2021年10月23日 (土)

文化 / 歴史

文化庁アートプラットフォームシンポジウム「グローバル化する美術界と「日本」ー現代アート振興の地平線ー」

START 14:00
END 16:00
料金 無料
配信媒体 YouTube Live

日本の現代アートがグローバルに適切な評価を受けるよう基盤整備を推進する「文化庁アートプラットフォーム事業(事務局:国立新美術館)」は、日本の現代アートの今後の飛躍に向けて、「グローバル化する美術界と「日本」ー現代アート振興の地平線ー」と題するシンポジウムを、10月23日(土)14:00~16:00にオンラインライブ配信にて開催し、振興策の現状と今後の見通しを展望いたします。

本シンポジウムには参加費不要・事前登録なしで、どなたでもご参加いただけます。


文化庁は、日本の現代アートがグローバルに適切な評価を得るためには、官民が一体となって効果的・国際的な情報発信を実現するとともに、国内外の関係者の強固なネットワークを構築することが第一歩と考え、平成30(2018)年度より、「文化庁アートプラットフォーム事業」に取り組んできました。

具体的には、①日本の現代アートに関する国際的な研究を喚起するような文献を英訳し、世界の関係者が身近なものとして知ることができるようにすること、②関心を持った世界の関係者が、日本国内の美術館の収蔵品情報を横断的に検索できるデータベースの開発、③日本人・外国人を問わず、日本の現代アートの研究者やキュレーターのネットワーク化につながる機会の提供等を進め、一定の成果を収めてきました。

本シンポジウムは、主として国内外の美術関係者を念頭に、上記①~③を中心とする取組や取組を通じた成果(物)を紹介することで、関係者の間で日本の現代アートについての認知を高めて頂くとともに、より深い研究や、世界への発信が容易になっていることを知って頂くことを目指しています。
また、物理的な往来が困難となった新型コロナウイルス禍を経て、急激なオンライン化・デジタル化の進展など、新たなグローバル化の時代を迎えつつある世界の美術界に向けて、日本の現代アートの発信を強化し、理解を高めるための今後の振興策のあり方について、参加者・視聴者とともに考える機会としたいと思います。

「文化庁アートプラットフォーム事業」では、今後、国内外の一般の方々にも日本の現代アートの魅力や質の高さを広く発信する機会を持つ予定ですが、まずは美術関係者を中心に理解を深めて頂くことが、第一歩になるものと考えています。


●テーマ: グローバル化する美術界と「日本」-現代アート振興の地平線ー
文化庁アートプラットフォーム事業の取組や取組を通じた成果(物)の紹介を通して、日本の現代アートの認知を高めるとともに、世界の美術界に向けて日本の現代アートの発信を強化し、理解を深めるための今後の振興策のあり方について、参加者・視聴者とともに考えていきます。


●内容:
基調講演「現代アート振興の地平線 -アート新世紀を創造する-」
平山直子(文化庁企画調整課長)

[セッション1 ~アートプラットフォーム -日本の現代アートと世界をつなぐ-]
片岡真実(森美術館館長、日本現代アート委員会座長)

[セッション2 ~ゲストプレゼンテーション]
「世界に響く国際展 -アーティストの国際的な活動の場を支援する-」
毛利悠子(アーティスト、サンパウロ・ビエンナーレ 2021招へい作家)
山城知佳子(アーティスト、ソウル・メディアシティビエンナーレ2021招へい作家)

[セッション3 ~パネルディスカッション、質疑応答]
モデレーター:片岡真実(森美術館館長、日本現代アート委員会座長)

登壇者:
植松由佳(国立国際美術館学芸課長、日本現代アート委員会副座長)
加治屋健司(東京大学大学院総合文化研究科教授)
成相肇(東京国立近代美術館美術課主任研究員)
川口雅子(国立西洋美術館情報資料室長)
大舘奈津子(芸術公社/一色事務所)
毛利悠子(アーティスト、サンパウロ・ビエンナーレ2021招へい作家)
山城知佳子(アーティスト、ソウル・メディアシティビエンナーレ2021招へい作家)

新着記事一覧

ページ上部へ戻る