申し込みページ

2021年10月30日 (土)

社会情勢

11月06日

難民アシスタント養成講座

START 9:30
料金 ¥12,000(一般) / ¥6,000(学生)
配信媒体 Zoom

日本に逃れてきた難民を支援する「認定NPO法人 難民支援協会」は、2021年10月30日(土)・11月6日(土)に2日間にわたり、難民アシスタント養成講座を開催します。今日本で起こっている難民保護に関わる課題を知り、難民が社会の一員として暮らしていけるような受け入れのあり方や地域をつくっていくため、市民一人ひとりが考え、役割を担う事が大切になっています。難民アシスタント養成講座は、難民について知り、一緒に考える講座です。


最近では、入管法改正案や収容問題、オリンピック選手の庇護希望など、難民問題に関わるさまざまなニュースが報じられました。
難民にかかわる問題は、もはやどこか遠い国の問題ではなく、私たちの住むここ日本で起こっている問題です。日本には、東南アジアを初めてとして、アフリカや中東など、さまざまな国から難民が逃れてきています。

コロナ禍で渡航・入国制限のあるなか、2020年には3,936人が難民申請をしましたが、同年に難民として認定されたのはわずか47人。日本政府は難民受け入れ、難民の保護に非常に消極的な姿勢を取っています。難民を取り巻く厳しい状況は、難民認定の少なさだけではありません。十分な公的支援もなく、困窮する難民の方々が多くいます。それに追い打ちをかけるように、コロナ禍でますます窮地に立たされています。

「難民アシスタント養成講座」と題した本イベントは、今、日本でどのようなことが起きているか、さまざまな角度から難民の現状を学び、日本に住む私たちに何ができるか、難民受け入れに前向きな社会をどのように作っていくか、を皆さんとともに考える講座です。


昨年は、難民問題に関心を持つ約240名の方々が全国から集まりました。オンライン講座ですので、日本全国・海外など、どこからでもご参加いただけます。
多くの方々のご参加を、お待ちしています。


<参加者の声>
大学で難民問題について学んでいたことと、コロナ禍を機に日本のことを学び直したいという気持ちから、難民アシスタント養成講座への参加を決めました。講座では、日本に暮らす難民が置かれている状況について、複眼的な視点で学ぶことができました。難民が直面する困難だけでなく、日本社会が抱える制度的・文化的な課題に対して、新たな発見ばかりの講座でした。とりわけ、難民の当事者の方からお話を伺ったことや、弁護士の先生から日本の難民申請・収容の実情をご説明いただいたことが印象に残っています。また、難民の立場に立って考えるワークショップを通しては、異国の地で難民申請をし、生計を立てていくことの壮絶さを疑似体験することができました。
講座に参加したことで、その後、難民に関するニュースや授業内容の理解が進んだと感じています。また、自分も日本で生活する難民の力になりたいと思い、現在では難民の子どもたちへの学習支援ボランティアや、難民支援協会でのインターン業務に従事しています。受講をきっかけに、新たな一歩を踏み出すことができました!
2020年10月参加の老松京香さん(学生・20代)


本講座には、学生から会社員、研究者、ソーシャルワーカーや医療従事者など、幅広い職業の方々が参加され、参加の動機も様々です。
オンラインでの交流会やディスカッションの機会を通して、同じように難民問題に関心のある方とも知り合い、意見を交わすことができるのも本講座の醍醐味の一つです。

講座の人気の秘密は、難民問題について包括的にじっくり学べ、難民支援の第一線で活動する難民支援協会(JAR)のスタッフ、弁護士、大学教授、難民にかかわる支援に携わる方などの多彩な講師陣 、また、難民当事者の方から直接話が聞けることにあります。

今年は難民保護の課題を知る講義に加え、今年5月の国会で提出された入管法改定に関する解説と収容問題に焦点を当てた新たな講座を設けました。また、難民の子どもたちの学習支援に関わる方のお話も必見です。この機会にぜひご参加ください。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る