チームの“共通言語”のつくり方 ~心理的安全性を高める、つよみフォーカスアプローチ~

2021年11月18日 (木)

ビジネス/コンサル

チームの“共通言語”のつくり方 ~心理的安全性を高める、つよみフォーカスアプローチ~

START 9:30
END 10:30

ひとりひとりの「つよみ」の掛け算によって最高のチームをプロデュースするスパークルチーム合同会社はこのたび、「日本の人事部」が企画・運営する日本最大のHRイベント「HRカンファレンス2021 秋」にて11/18(木)9:30より特別講演枠にてセミナー登壇することが決定しましたのでお知らせいたします。


これまで大手企業を中心に数多くの人材・組織開発をプロデュースしてきた実績をもつスパークルチーム 代表 楠 麻衣香が講師として登壇し、ストレングスファインダーの組織活用法やチームの心理的安全性を高める具体策などについてご紹介します。

リモートワーク下で一度も対面したことの無いメンバーや、世代を超えた様々な価値観を持つメンバーを抱えマネジメントへの要求は増すばかりです。心理的安全性の高い文化と同時に責任にコミットする自律したメンバー育成が求められる中で、いかに“共通言語”をつくるのか。世界で2,500万人以上が受験するアセスメント「ストレングスファインダー」を活用した共通言語のつくり方をお伝えします。


■講師プロフィール
スパークルチーム合同会社 代表 楠 麻衣香
チーム独自の強さを共感と驚嘆とともに創り出す、カラクリプロデューサー

【資質TOP5】

戦略性/コミュニケーション/個別化/活発性/着想
親密性/共感性/適応性/指令性/社交性

【資格】
Gallup認定ストレングスコーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
The Bob Pike Group認定プロフェッショナルトレーナー

【略歴】
2003年中央大学卒、就職氷河期どん底の中、一世を風靡した一部上場の経営コンサルに就職するも、業績悪化により1年でクビに。失意ののち4人のベンチャーに拾われ、人材開発業界ライフをスタート。社長の失踪、渡加経験、外資系研修会社など波乱万丈のキャリアの後、人材開発ベンチャー企業にて参画。
大手企業を中心に人材・組織開発のプロデュースのほか、自組織のマーケティング立ち上げ・新卒採用立ち上げ・新規事業開発など「素材を引き出しコンテンツとしてプロデュース」する活動を続けてきた。
2019年、ストレングスプロデューサーとして独立、2020年スパークルチーム合同会社を立ち上げ。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る