申し込みページ

2021年10月27日 (水)

自己啓発

『自分の〈ことば〉をつくる あなたにしか語れないことを表現する技術』刊行記念対談イベント

START 19:00
END 20:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンは、2021年10月27日に『自分の〈ことば〉をつくる あなたにしか語れないことを表現する技術』(細川英雄・著)の刊行を記念して、著者の細川英雄さんとリチャ・オーリさんとの対談イベントを、オンラインにて無料で開催します。

​2021年8月20日発売の『自分の〈ことば〉をつくる あなたにしか語れないことを表現する技術』。
本書は、「自分の意見を伝えること」が苦手な人が、自信をもって発言、発信できるようになるための指南書です。

本書の出版を記念して、著者の細川英雄さんと、言語学の博士であるリチャ・オーリさんとの対談イベントを、オンラインにて無料で開催します。
テーマは「ブレない〈私〉の軸をつくろう」。
言語の研究に携わる二人の対談を通して、自分の〈ことば〉を持つ方法を解き明かしていきます。


【イベント詳細】
<テーマ概要>

レポート、プレゼン、SNSなど、「自分の意見」を表現する機会はより一層増えてきています。

一方で、こんなことも増えていませんか?
・言いたいことがまとまらない。
・わかりやすい文章を書きたいが、できていない。
・自己アピールがだれかの借り物のようになってしまう。
・文章術のテクニックは学んだが、満足はできていない。

「どうも伝わらない」理由は、「自分の〈ことば〉」ではないからなのです。

「自分の〈ことば〉」を持つ方法、「あなたにしか語れない」ことを紡ぐプロセスを細川英雄さん、リチャ・オーリさんの対談を通して、解き明かしていきます。


<登壇者プロフィール>
細川英雄(ほそかわ・ひでお)

1949年東京生まれ。早稲田大学名誉教授(大学院日本語教育研究科)。博士(教育学)。
専門は言語文化教育学。言語文化教育研究所八ヶ岳アカデメイア主宰。ことばと文化の教育をめぐる市民性形成とwell-being (よく生きる)をめざした言語教育の理論と実践について研究。著書に『日本語教育は何をめざすか』(明石書店、2002年)、『「ことばの市民」になる』(ココ出版、2012年)、『対話をデザインする』(ちくま新書、2019年)など、多数。

リチャ・オーリ
千葉大学国際未来教育基幹特別語学講師。博士(言語学)。

ことばの教育に興味があり、母語話者・非母語話者間の力関係やことばに潜む非母語話者の排除の仕組みなどを研究。英語教育はwell-beingとクリエイティビティを重視した英語の脱植民地化教育を実践。2019年10月から「多様でインクルーシブな日本社会へ」をモットーにNew Face of Japan(ニューフェイスオブジャパン)を立ち上げ、活動中。New Face of Japanは多様性に満ちた新しい日本の顔=日本社会を意味し、多様性を歓迎しようとする日本社会が抱える課題やそこで生じる人々の葛藤などを発信。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る