申し込みページ

2021年10月29日 (金)

豊かな人生 / 生活

当事者/担当者の本音とデータから考えるインクルーシブな職場づくり

START 15:00
END 16:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

誰にとっても働きやすい職場環境を考える。そんなテーマが昨今、企業を取り巻く環境として注目を浴びつつあります。

work with Prideでは、10月29日にオンラインイベントを開催し、LGBTQ当事者の方々を交え、職場における困りごと/望むことなどをインタビューをするとともに、LGBTQ当事者の方々からのアンケート結果を公表させていただきます。

また、企業によるLGBTQの方々に向けた具体的な取組事例を紹介し、「企業におけるLGBTQ取組のはじめの一歩」を後押ししたいと考えています。


任意団体「work with Pride」は、職場におけるLGBTQ等の性的マイノリティ(以下、LGBTQ)の働きやすさを考えるカンファレンス『work with Pride 2021』の秋開催に向けて、現在、準備を進めています。2012年の第1回開催から10周年を迎える本年度、参画企業より選出されたメンバーと特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズが、「行動・組織チーム」「支援チーム」「発信チーム」という3つの分科会を設け、秋に向けて、それぞれ個別のイベントやコンテンツを企画・実施していきます。

本年度の第三弾企画として、『当事者/担当者の本音とデータから考えるインクルーシブな職場づくり』と題したオンライン・トークセッションを、10月29日(金)15:00〜16:30にて開催する運びとなりました。担当は、「支援チーム」となります。

職場において当事者も安心して自身の能力を活かして働くことができるインクルーシブな職場を目指すために、今必要なこととは?前半はLGBTQ当事者、後半は企業担当者の視点で、パネルディスカッションを通して考察します。

企業の次の一歩につなげるヒントとなれば幸いです。お申し込みの上、ぜひご覧ください。


【内容】
◆「当事者パネルディスカッション」

「自分は理解しているから大丈夫」と思っていても実は何気ない言動で周りの人を傷つけていることも。
職場においてLGBTQ当事者が「嬉しかった」「安心した」と感じた周りの社員の言動や、「残念だ」「不安だ」と感じるエピソード等に関する当事者事前アンケートを実施。結果データをもとに多様なSOGIのパネリストが自身の体験談を交えてパネルディスカッションで本音トークをします。

無意識の言動を振り返り、真に働きやすい職場・風土づくりを目指して、自分ごととして考えていきましょう。

<パネリスト>
LGBTQ当事者 4名
ストレートアライ 1名

◆「企業担当者パネルディスカッション」

「取り組みをこれから始めたい」「始めたは良いが行き詰まっている」「他社の事例をもとにさらにアライ(支援者)活動を活性化したい」などの企業担当者やアライ(支援者)の課題に対して、企業担当者に対する事前アンケートをもとに効果的な取り組み事例を紹介します。

業界や取り組みステージも異なるパネリスト企業5社が、各社の事例や苦労をパネルディスカッションにて共有します。

<パネリスト企業>
MS&ADホールディングス
株式会社オリエントコーポレーション
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本航空株式会社
Bloomberg L.P.

<モデレーター>
渡辺勇教(特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ)

新着記事一覧

ページ上部へ戻る