申し込みページ

ビジネス/コンサル

臨床心理士の経営を考える会 オンライン Live 講義開催「心理職が知っておきたいメンタル判例解説」

START 18:30
料金 ¥4,000〜
配信媒体 Zoom

2022年4月のパワハラ防止法中小企業適用を控え、メンタル事案による判例が次々と出ています。いったい何が法的な問題となり、ならば心理職はどのように予防や支援ができるのか?10月22日、11月2日にわたり心理職に必要な法律の知識に絞り込んだ講義を、労働問題に経験豊富な友永隆太弁護士(杜若経営法律事務所)がオンラインで解説します。

メンタル事案による判例が次々と出ています。いったい何が法的な問題となり、ならば心理職はどのように予防や支援ができるのか?「これならば大丈夫ですよ」といえる日々の業務での注意点を、法律家の視点で安心・安全な答えを提示します。心理職に必要な法律の知識に絞り込んだ講義を、講演で大忙しな友永隆太弁護士が登壇です。できる限り「具体的に」をモットーに、明日から使える情報をお届けします!


友永弁護士の説明
慶應義塾大学法科大学院修了(平成 27 年)、第一東京弁護士会弁護士登録、杜若経営法律事務所入所(平成 28 年)。経営法曹会議会員。団体交渉、残業代請求、労働災害や解雇事件等の労働問題について、いずれも使用者側の代理人弁護士として対応にあたっており、メンタルに関連する紛争事案においても多数件解決に導いている。


【日程・内容】
10 月 22 日(金曜日)18:30~21:00
第1回「総論:メンタルトラブルの類型と、裁判所の判断体系」

11 月 2 日(火曜日) 18:30~21:00
第2回「各論:心理職と裁判~判例の中にみる心理職の注意点~」


【価格 (2日合わせての参加料です)】
臨床心理士 4000 円
臨床心理士以外 5000 円

新着記事一覧

ページ上部へ戻る