申し込みページ

2021年10月27日 (水)

デザイン

オンラインをもっと楽しもう!君だけのオリジナルアバター作成ワークショップ

START 18:00
END 19:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

デジタルハリウッドアカデミーでは、大学・専門学校の教職員・学生向けの公開講座を定期開催しております。


2021年、コロナ禍においてオンライン授業、オンライン会議はもはやスタンダードとなり、パソコン画面に並ぶ仲間たちの顔にも慣れてきた頃かと思います。むしろカメラoffの黒い画面を見慣れてしまったという先生方も多いかもしれません。

2020年4月~7月の間、オンライン授業を受講したデジタルハリウッド大学の在学生に行ったアンケート調査によると、70%を超える学生が、オンラインでの講義中において自分の見た目を「表示名のみ」にしたいと回答しました。

プライバシーを守るだけでなく画面に映る自分の姿を意識しなくて済み、「見られている」というプレッシャーも少ないという理由から、多くの学生たちがオンライン授業中のカメラをoffにしている現状が見受けられます。

一方で教員側は、真っ黒な画面を見ながらの授業運営に不安を抱えています。

学生からのリアルタイムでの反応が見えてこないことから、設計した授業の学習効果を実感することができず、出席確認や成績評価も困難と感じる先生方も多くいらっしゃいます。しかし、カメラのON・OFF  については個人情報保護の点からも配慮するべきであり、学生・教員両方に最適化されたオンライン授業の実現には、まだ大きな課題が残されています。


そのような中で、デジタルハリウッド大学では、オンライン授業をはじめとするWeb上のコミュニケーションを個別最適化する「アバター」の活用方法について研究を行ってきました。

先述のアンケートでは、同時に「先生の見た目」についても調査を行っています。ここでは「キャラアバター」が最適であるとの回答が50%を超え、「親しみやすい」「非言語情報が遮断できる」「安心感がある」など、肯定的な意見が寄せられました。

デジタルネイティブ世代の価値観に沿う、新しいオンラインコミュニケーションツールとして、アバターの積極的な活用に注目が集まっています。


そこで、デジタルハリウッドアカデミーでは、昨年多くの反響をいただいた大人気アバター制作講座をバージョンアップさせ、「VRoid Studio※」による、無料&簡単、初心者向けアバター作成ワークショップをハロウィン前の10月27日に開催します。

デジタルハリウッド大学准教授の小倉以索が講師となり、授業でも会議でも使える、見ていて楽しいキャラアバターの作成をレクチャーします。

ワークショップの最後には、「NICECAMERA」という仮想カメラソフトを使用し、ZOOM上でのアバターを通したコミュニケーションを楽しんでいただく予定です。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る