申し込みページ

2021年10月29日 (金)

ビジネス/コンサル

Tokyo 2020レガシーの行方:多様性と調和のある世界の実現を目指して

START 6:30
END 7:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

公益財団法人国際文化会館では、世界的に活躍されている会員の方々を講師に招いて会員特別講演会を開催しています。今回は、国内外から注目を集めた東京2020パラリンピック開閉会式ステージアドバイザーを務めた栗栖良依氏をお迎えして、「インクルーシブな社会の実現」について考えます。


自らも障害を抱え、社会的障壁を取り除くため精力的に活動し特定非営利活動法人を設立した経緯や、「多様性と調和」というパラリンピックの式典で発信された力強いメッセージを体現するさまざまな取り組みについてお話しいただきます。東京パラ五輪のセレモニーで、無限の可能性を信じ、障害のある人・ない人の多様なキャストが共生する姿は、未来へ継承すべきレガシーを表象するものでしたが、東京五輪が閉幕しポスト2020を迎えたいま、多様な価値観や生き方が尊重される社会の実現に向けてどんなアクションを起こすべきか、改めて考えます。


【登壇者】
栗栖 良依氏 プロフィール
(認定NPO法人スローレーベル理事長、東京2020パラリンピック競技大会開閉会式ステージアドバイザー)

1977年東京生まれ。認定NPO法人「スローレーベル(SLOW LABEL)」理事長・演出ディレクター。東京造形大学卒業後、イタリアのドムスアカデミーにてビジネスデザイン修士号取得。2010年に骨肉腫を発症、右下肢機能全廃に。翌年社会復帰を果たし、「スローレーベル」を設立。国内外で活躍するアーティストと、障害者をはじめとする多様な分野の人々とをつなぎ、社会的課題の解決策をデザインする活動を行っている。2014年・2017年・2020年「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」総合ディレクター。 2016年リオ・パラリンピック競技大会閉会式ステージアドバイザー、東京2020パラリンピック競技大会開閉会式ステージアドバイザー。2016年、第5回横浜文化賞「文化・芸術奨励賞」受賞。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る