申し込みページ

AI / IoT / 最新技術

Australia – Japan Space Dialog 2021

START 15:00
END 16:30
料金 無料
配信媒体 YouTube Live

Space BD株式会社は、日本とオーストラリアの宇宙業界の最新動向に関するオンラインカンファレンス「Australia – Japan Space Dialog 2021」を10月28日(木)に開催しますので、下記の通りご案内申し上げます。


2020年にオーストラリアに宇宙庁(Australian Space Agency)が設立されて以来宇宙利用に関する協力覚書を取り交わされるなど日豪の宇宙業界での連携は加速しています。2021年10月には、Space BDの超小型衛星放出サービスを活用し、オーストラリアの複数大学により開発された2機の衛星が国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟から放出されました。

Australia – Japan Space Dialog 2021では、両国の宇宙機関に加え、10月にISS「きぼう」から放出された衛星の開発主体であるオーストラリアの大学コンソーシアムCUAVAとカーティン大学(Curtin University)からゲストをお招きし、各衛星ミッションに関するプレゼンテーションや宇宙における日豪連携の最新動向および今後の日豪の宇宙産業拡大に向けた展望について対談する予定です。

ご多用中かと存じますが、ぜひご参加いただければ幸いです。


【内容】
ISS「きぼう」を活用したオーストラリアと日本の宇宙開発における連携と展望


【登壇者】
・内閣府宇宙開発戦略推進事務局 参事官 坂口昭一郎(冒頭挨拶)
・豪州宇宙庁Engagement and Industry Growthエグゼクティブディレクター Karl Rodrigues (カール・ロドリゲス)
・国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門 きぼう利用センター 技術領域主幹 土井 忍
・ARC Training Centre for Cubesats, UAVS & their Applications (CUAVA) ディレクター Iver Cairns (エイバー・ケインズ)
・Curtin University Space Science and Technology Centre ディレクター Phil Bland(フィル・ブランド)
・Space BD株式会社 取締役 COO 金澤 誠
・Space BD株式会社 エンジニアリング事業部長 寺田 卓馬

新着記事一覧

ページ上部へ戻る