申し込みページ

舞台 / 演劇

韓国ミュージカル「マリー・アントワネット」 オンライン配信

料金 ¥5,800
配信媒体 PIA LIVE STREAM

韓国の大人気ミュージカル『マリー・アントワネット』 が、11月20日(土)・21日(日)に、「~韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ~ 韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』」としてオンライン配信動画サービスPIA LIVE STREAMにて日本語字幕付きでオンライン配信されることになった。


遠藤周作の小説『王妃 マリー・アントワネット』を原作とした同ミュージカルは、『モーツァルト!』『エリザベート』『レベッカ』などを生み出したミュージカル界の巨匠ミヒャエル・クンツェ脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイ作曲で、2006年東宝によって日本で初演された。

東宝は2014年、韓国のEMKミュージカルカンパニーに公演ライセンスを与え、韓国版の『マリー・アントワネット』も大成功を収めた。その後ミュージカル『マリー・アントワネット』は両国で大いに認められ、成功的な作品として認識されている。18世紀のフランス革命を背景に、悲劇の王妃マリー・アントワネットと、社会の不条理に立ち向かい革命を引っ張った仮想の人物マルグリット・アルノーという、共に『M・A』のイニシャルを持つ二人の対照的な人生をドラマチックに描く。韓国では2014年の初演以来3度再演された人気作で、今年7月の公演では、初演から計104回の上演を達成、韓国大手チケット会社インターパークの観客評価で9.3点(10点満点)を叩き出し話題となった。


今回配信されるのは、この圧倒的評価を得た3度目の公演。主人公マリー・アントワネットを演じるのは、韓国初演から3回連続で出演しているキム・ソヒョン。マリー・アントワネットを愛するスウェーデン貴族フェルセン伯爵は、BTOBのリードボーカルで澄んだ美声と表現力に優れたイ・チャンソプと韓国ミュージカル界“キャスティング第1位俳優”としてオファー殺到中のミン・ウヒョクがダブルキャストで演じる。事件の黒幕であるオルレアン公もダブルキャストで、今年デビュー23周年を迎えたミン・ヨンギと日本の『レ・ミゼラブル』ほか数々の大作に出演経験のあるキム・ジュンヒョンという2大ベテランミュージカル俳優が演じる。


【出演者】
A公演:キム・ソヒョン、ミン・ウヒョク、キム・ジュンヒョン
B公演:キム・ソヒョン、イ・チャンソプ、ミン・ヨンギ

新着記事一覧

ページ上部へ戻る