申し込みページ

ビジネス/コンサル

事業開発学会 – 意思決定のプレイブック

START 20:00
END 22:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

2021年6月23日に開催され、当初の定員を大幅に上回る方にご参加いただき、多くの好評の声をいただいた第1回の「事業開発学会」。事後アンケートで最も多かったリクエストは「もっと泥臭い現場の話が聞きたい」というものでした。そこで第2回は「意思決定の”プレイブック”」と題し、過去Speeeが事業開発の中で実際に行ってきた意思決定を、意思決定した当事者とともに振り返りながら、参加者のみなさまにもSpeee流の意思決定を体験いただけるような機会をご用意します。

今回はオンラインでの開催となります。日本全国はもちろん、海外からのご参加もお待ちしております。


■ イベント当日の流れ
1) 登壇者自己紹介
2) 紹介するケースの状況説明
3) 直面した課題、悩み
4) 当時実際に検討した選択肢を提示
5) 参加者解答タイム(Zoomの投票機能 + チャットに選択理由書き込み)
6) 実際に当時した選択と、それがベストだと考えた理由
7) 結果どうなったか、いま振り返ってみるとどうなったか、その選択にどんな意味があったか
8) 質問受付


■ 登壇者
磯目 圭吾(デジタルトランスフォーメーション事業本部 事業推進グループマネージャー兼ビジネスユニット責任者)
伊藤 大貴(デジタルトランスフォーメーション事業本部 事業開発グループ 事業責任者)
宇津木 孝志(経営企画本部 戦略推進室)


■ 登壇者プロフィール
磯目 圭吾(いそめ けいご)

青山学院大学を中退し、2016年にSpeeeへ入社。美容系メディアのディレクターとして、開発からマーケティングまでと幅広い業務に従事。企画開発・推進を担い、同部署にて新規メディアの立ち上げをした後、イエウール・ヌリカエのマーケティング領域に携わり、運用型広告、アフィリエイト広告、グロースハックと事業の成長の根幹を担う。現在は、複数のプロダクトの責任者を担い、既存事業の売上・利益を約200%成長へと牽引、併行して新規事業の立ち上げを成功させた成果から、全社年間MVPを受賞。

伊藤 大貴 (いとう たいき)
新卒では森永製菓に入社するも1年で退職し、Speeeにジョイン。イエウール創業期に参画し、営業プレイヤーとしてMVP営業部門を獲得。営業チームリーダーを経て営業部門の責任者に従事し、事業と組織の成長を推進。入社5年目に事業開発グループに異動し、新規事業を0から立ち上げを牽引し、Speeeで最速単月黒字化を実現。個人的な目標として「半年~1年単位で、0から新規事業を立ち上げ続けること」を掲げており、現在は、2プロダクトの事業責任者を担いつつ、新規事業企画に取り組んでいる。

宇津木 孝志(うつぎ たかし)
駒場東邦中学校・高等学校、東京大学経済学部卒業。2016年、新卒でSpeee入社。現Webアナリティクス事業部において、アナリスト職に配属。入社間もなくして難度の高い案件に複数アサインされ実績を残し、全社表彰式において新人賞を受賞。その後、現経営企画本部の分析・調査を専門とする部署に異動。Webアナリティクスの事業戦略策定や既存サービス改善などのプロジェクトを推進。現在はネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」において事業責任者とともに事業戦略領域に携わる。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る