申し込みページ

ビジネス/コンサル

メルカリ×アイスタイル 共同調査結果発表!化粧品業界こそ二次流通市場に注目すべき理由

START 14:30
END 15:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

二次流通市場は化粧品業界にとって、狙うべき新たな市場になり得るのか
メルカリをはじめとした二次流通プラットフォームの浸透に伴い、ますます拡大していく二次流通市場。そのような中、アイスタイルは、株式会社メルカリ(以下、メルカリ)と2020年2月に締結した両社の包括連携協定の一環として、「化粧品/コスメの二次流通市場」に関する共同調査の結果を発表しました。

二次流通市場はまだまだ未開拓の領域であり、化粧品ビジネスの統計にも入っていません。
しかし、メルカリとの共同調査結果では1555億円もの流通市場があり、メルカリだけをみても、美容・コスメの流通総額は年間500億に迫り、利用者・取引件数の2桁成長を続けています。

化粧品ブランドが認識している市場・取り組んでいるCRM活動の外にも、ブランドの興味者・利用者・ファンが存在していると言えるでしょう。


お試し買いを推進する二次流通市場は一次流通やCRM手前の『0.5次』流通機能の可能性
本ウェビナーでは、二次流通市場にいる生活者の実態・要望を知り、『二次』流通市場を一次流通やCRM手前の『0.5次』流通と捉え、化粧品ブランドのマーケティング活かせる可能性があるのか、アイスタイル・メルカリ双方が持つ、化粧品に関わる取引データなどをみながら、化粧品市場で起きている変化を把握し、ブランドにも共有しながら新たなマーケティングソリューションの可能性を提起していきます。

当日は、メルカリでメーカーや小売店などの一次流通と二次流通の連携を戦略的に行う『CONNECT戦略』を推進する株式会社メルカリ 執行役員 メルカリジャパン CBO 兼 CMOの野辺 一也 氏、アイスタイルにてメルカリ・アイスタイルのデータ連携プロジェクトの責任者を務める株式会社アイスタイル データ戦略推進室室長の勝並明子、及び、@cosme TOKYOをはじめ、アイスタイルグループの販売・小売り領域の事業を担い、ネット×リアルの新たな流通を生み出してきた株式会社アイスタイルリテール 代表取締役社長の遠藤宗が登壇いたします。


【こんな方におすすめ】
・新たな化粧品の体験機会を模索している販促・マーケティング担当の方
・二次流通市場で新たなビジネスを模索する事業責任者・事業企画の方
・化粧品を商材として、二次流通市場で生活者はどのように利用しているか、そのトレンドを把握したい方


◇登壇者紹介
株式会社メルカリ 執行役員メルカリジャパン CBO 兼 CMO
野辺一也 氏

学生時代にIT系ベンチャー創業、事業売却後に外資系コンサルティング会社にて事業戦略・マーケティング等のプロジェクトを担当。2007年に株式会社リヴァンプ立上げに参画、支援先化粧品会社CEOとして事業再成長を実現。2013年から株式会社ローソン上級執行役員マーケティング本部長、オイシックス、ロイヤリティマーケティング(ポンタポイント運営会社)などの社外取締役も努め、2019年2月より現職。

株式会社アイスタイルリテール 代表取締役社長
遠藤宗

1973年生まれ。慶応義塾大学卒。
株式会社船井総合研究所、株式会社たしろ薬品などを経て、2007年1月株式会社コスメネクスト設立とともに取締役に就任し、アイスタイルグループに参画。
同社代表取締役社長を経て、2021年7月より店舗・ECの運営を行う株式会社アイスタイルリテール代表取締役社長就任。アイスタイルグループの国内外のリテール事業全般を統括している。

モデレーター
株式会社アイスタイル データ戦略推進室長
勝並明子

新着記事一覧

ページ上部へ戻る