申し込みページ

AI / IoT / 最新技術

VRアーティスト・せきぐちあいみ と考えるNFTの可能性

START 12:30
END 13:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社クリーク・アンド・リバー社(C&R社)に所属するVRアーティスト・せきぐちあいみはこのたび、11月5日(金)~14日(日)に開催される「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021」内のカンファレンスにスピーカーとして登壇することが決定いたしました。

なお、せきぐちあいみは11月11日(木)12:30~13:30に行われるKey Dialog「NEWバリュー:NFTで広がるアーティストの可能性」に登壇いたします。

せきぐちあいみはイベント7日目となる11月11日(木)、Key Dialog「NEWバリュー:NFTで広がるアーティストの可能性」に登壇予定。PwCコンサルティングの馬渕邦美さん、そしてビットコイン/ブロックチェーンの啓蒙に貢献してきた“ミスビットコイン”こと藤本真衣さんとともに、NFTによるアートやエンターテイメントへのエンパワメントについて、表現の視点とビジネスの視点の双方から考えていきます。アートシーンのあたらしいかたちとして注目を集めるNFT…。NFTのトップランナー3名によるトークセッションは見逃せません!


■登壇者・プロフィール
藤本真衣(株式会社グラコネ 代表取締役)

2011年にビットコインと出会って以来、国内外でビットコイン・ブロックチェーンの普及に邁進。海外の専門家と親交が深く「MissBitcoin」と呼ばれ親しまれている。
自身は日本初の暗号通貨による寄付サイト「KIZUNA」やブロックチェーン領域に特化した就職・転職支援会社「withB」ブロックチェーン領域に特化したコンサルティング会社「グラコネ(Gracone)」などを立ち上げる。
暗号通貨とBlockchainをSDGsに活用することに最も関心があり、ブロックチェーン技術を使い多様な家族形態を実現する事を掲げたFamiee Projectや日本円にして17億円以上の仮想通貨寄付の実績を誇るBINANCE Charity Foundationの大使としても活動している。

NFT領域に関しては、2018年よりNFTに特化した大型イベントを毎年主催している他、Animoca Brands等の、国内外プロジェクトのアドバイザーも多数務める。2020年以降は、事業投資にも力を入れており、NFTを使った人気ゲーム、Axie Infinity」を開発した Sky Mavis 、Yield Guild Games、Anique等に出資している。

せきぐちあいみ(VR/NFTアーティスト)
クリーク・アンド・リバー社所属。滋慶学園COMグループ、VR教育顧問。Withings公式アンバサダー。福島県南相馬市「みなみそうま 未来えがき大使」。

VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、海外(アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、タイ、マレーシア、シンガポールetc)でもVRパフォーマンスを披露して活動している。
2017年、VRアート普及のため、世界初のVR個展を実施すべくクラウドファンディングに挑戦し、目標額の3倍強(347%)を達成。2021年3月には、NFTオークションにて約1300万円の値を付け、落札された。

馬渕邦美(PwCコンサルティング合同会社 マネージングディレクター)

2009年:世界No2広告代理店グループのオムニコムのデジタル・エージェンシーTribal DDB Tokyo ジェネラル・マネージャーに就任。日本における事業の立ち上げを成功させる。
2012年:WPPグループである世界No1広告代理店オグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社、ネオ・アット・オグルヴィ株式会社の代表取締役に就任。オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャ パン・グループのデジタルビジネスを牽引。グループの再生を成功させた。
2016年:オムニコム・グループのNo1PRエージェンシーであるフライシュマン・ヒラード SVP&Partner。
2017年:PwCコンサルティング合同会社のエグゼクティブ・アドバイザー就任。
2018年:Facebook Japan Director / 役員に就任
インスタグラムの日本における3500万MAU、世界第2位の達成、APACにおけるNo1のJapan Revenue Growthを成功させた。
2020年より現職
東京大学工学部産学連携協議会メンバー、iU大学客員教授
書籍:データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」(日経BP社)、ブロックチェーンの衝撃(日経BP社)

新着記事一覧

ページ上部へ戻る