申し込みページ

ビジネス/コンサル

電子帳簿保存法の改正で会計はどう変わるのか?~製造業における会計業務の改善ポイントと最適化~

START 13:00
END 14:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

電子帳簿保存法の改正による会計業務の規制と緩和
2021年(令和3年)3月31日に公布された「改正電子帳簿保存法」。

2022年(令和4年)1月1日の施行まで残り2か月となり、事前承認制度廃止などの緩和以外にも、不正時の罰則規定の強化など厳しくなる面もあり、会計業務に携わる人は業務にどんな影響があるのか、注意すべき点は何かなどを知っておく必要があります。


製造業の会計業務で取り組むべき対策は?
改正の内容が分かっても、会計業務、及び会計システムとして、どのような対応をするべきか、何から手をつけるべきか、分からないという方も多いと思います。

「電帳法の改正に対応するために会計業務/会計システムの何から変えていけばよいかわからない」

「帳簿の対象が広すぎて、どこまでを対象にすべきか判断できていない」

「いま取組む対策、最初にするべきことは何なのかわからない」


電子帳簿保存法に対応し、会計業務を最適化するために
今回のセミナーでは、2022年(令和4年)1月1日の施行を前に、公認会計士/税理士 横山 公一 氏をお招きし、電帳法改正の概要と、製造業がいま取組むべき対策について解説いたします。

また、会計業務や会計システムに対してどのような影響があるのか、どのような対応が必要なのかについて、9700社を超える実績とERP連携で日本企業の評価が高い財務会計・人事給与パッケージ「SuperStream-NX」の会計機能中心紹介と併せて解説します。

さらに、電子帳簿保存法の生産管理システムへの影響などについて、財務会計・人事給与パッケージ「SuperStream-NX」と連携可能な製造業向けERP「CloudSuite Industrial(SyteLine)」の紹介と併せて解説します。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る