申し込みページ

配信ライブ

ICELAND AIRWAVES presents Live from Reykjavik for Japan

START 12:00
料金 ¥3,000
配信媒体 ZAIKO

ICELAND AIRWAVESはアイスランドの首都レイキャビックで毎年11月中の4日間にわたり開催されます。この期間はレイキャビクの小さなレコード店や美術館、バーや教会、ナイトクラブやアリーナなど、あらゆる場所でパフォーマンスが開催され続けます。

これまでに、ビョーク、フレーミング・リップス、ザ・ナイフ、クラフトワーク、シガー・ロス、ジョン・グラント、マムフォード&サンズ、フリート・フォクシーズなどの著名なアーティストが、50カ国以上の音楽ファンとともに、ダイナミックな4日間の音楽と祝祭に参加してきました。また、世界中の音楽業界関係者が交流し、最新の音楽的発見やゲームチェンジャーをフューチャーする貴重な機会でもあります。

1999年に飛行機の格納庫を会場として始まったAIRWAVESは、アイスランドで最も長い歴史を持つフェスティバルであり、レイキャビクの文化的祝祭として欠かせないものとなっています。


【出演アーティスト】
Árný Margrét
20歳シンガーソングライター。
インディー・フォークに該当する彼女の曲や歌詞は、個人的な経験と環境からインスピレーションを得ており、美しくも苦しい描写が特徴。

Aron Can
モダンなトラップビートと繊細に絡み合ったR&Bのメロディーが特徴の楽曲は各メディアから、「才能の塊」、「アイスランド版Weeknd」などと評され国内外での評価が高い。

Ásgeir
若干20歳で彗星のごとく登場したしたシンガーソングライター。デビュー作の英語版は世界各国のチャートを賑わせ、フジロックフェスティバルにも出演し日本でも人気のアーティスト。

BRÍET
ポップとカントリーの要素が心地良い若干20代前半の実力派シンガー。愛についてアイスランド語と英語で歌っている。黄色、よく笑う人、花が好き。

BSÍ
親友2人組。2021年5月に半分はローキーで心が痛む憂鬱な曲調で、残りはローファイなパンクな曲調というツインEPのような型破りなデビュー・アルバムをリリース。

Daughters of Reykjavík
レイキャヴィクで開催された「女性ラップナイト」で結成された9人組の女性ラップグループ。政治、パーティー、フェミニズム、セックスなどをテーマに活動、そのユニークなサウンドにも注目。

Emmsjé Gauti
数々のスマッシュヒットを持つアイスランドのラップシーンのベテラン。レイキャヴィクの小さいながらも活気に満ちた競争の激しいラップシーンで19年間才能を磨き上げてきた。

FLOTT
コメディアン、プログラマー、理学療法士、元プロムクイーン候補、プロのドラマーからなるガールズポップバンド。2020年末にデビューシングルを発表し、大きな注目を集めている。

GDRN
甘美なハーモニーと洗練されたモダンなトラップビートに魅惑的な声とソウルフルな中毒性の高いメロディーで人気。Netflixシリーズ「KATLA」にも出演し話題に。

gugusar
アイスランド、レイキャヴィク出身の17歳のプロデューサー、シンガーソングライター。

Hipsumhaps
2019年のデビューアルバムでスターダムにのしあがり多数の受賞経験を持つインディーオルタナティブバンド。その類稀なるサウンドスケープと、日常を歌った歌詞に注目。

Inspector Spacetime
昨年夏にリリースしたデビュー作以来、アイスランドの音楽界を揺るがし続けているポップグループ。エネルギッシュさや、思わず踊りたくなってしまう楽しさがいっぱい。

John Grant
アメリカン・ドリームの偉大な音楽的記録者としての地位を確立。ピアニストでもあり、エレクトロニック作者でもあり、ムードやテクスチャー、サウンドを遊び心満載で実験している。

Júníus Meyvant​
ギター、ホーン、シンセ、メロトロンで構成されたサウンドはザ・ローリング・ストーンズなどと比較される若干のアティチュードをプラスした親しみやすいフォークポップだ。

Laufey​
中国とアイスランドのハーフでボストンのバークリー音楽大学に在籍中シンガーソングライター。幼いころ影響をうけたクラシックとジャズを独自に融合させている。

RED RIOT​
ポップアーティストHildurとラッパーCell7による新しいコラボプロジェクト。新鮮なテクノポップ・ラップ音楽を通じて、思わず踊りたくなるエネルギーを生み出している。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る