申し込みページ

小中高大受験

社会情報大学院大学【2021年度オンラインオープンキャンパス】

START 9:30
END 16:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

学校法人先端教育機構、社会情報大学院大学は、2022年4月入学検討者に向けて、本学の講義体験や教員・在学生の生の声が聴ける「オンラインオープンキャンパス」を11月14日(日)に開催します。

社会情報大学院大学は2022年度4月、社会構想大学院大学に名称変更します。
同時に、広報・情報研究科もコミュニケーションデザイン研究科に研究科名が変わります。
この度のオープンキャンパスでは、生まれ変わる社会構想大学院大学の魅力を一足先に体験頂けます。


● ライブ配信では、11月14日丸一日、各課程のワークショップや体験授業、座談会を行います。
どの時間でも出入り自由ですので、ご関心をお持ちのプログラムに参加ください。


● オンデマンド配信コンテンツでは、2021年度に行われたセミナーを当日限定で再公開します。
ご視聴を希望する方は当日コンテンツフォームよりお申込み下さい。
※当日限定コンテンツにお申込みいただいた方には、ライブ配信の視聴URLと、
全てのオンデマンド配信コンテンツをご覧いただける視聴URLをお送りします。


【概要】
● 実務家教員養成課程

09:30~10:45 説明会&ワークショップ

●コミュニケーションデザイン研究科
11:00~12:00 体験授業「有事の経営・平時の経営と広報の役割」
12:10~13:20 在学生座談会&説明会


●実務教育研究科
13:30~14:30 体験授業「知の理論 入門」
14:40~15:50 教員座談会&説明会


【体験授業内容】
コミュニケーションデザイン研究科「有事の経営・平時の経営と広報の役割」
広報・情報研究科 柴山慎一 教授

経営と広報・コミュニケーションは一体のもの。経営とはコミュニケーションで成立しており、コミュニケーションのない経営はあり得ません。また広報の目的は経営課題を解決することであり、経営課題を無視した広報もあり得ません。会社(組織)とは、何らかの情報をインプット(広聴)し、その内部で何らかの付加価値をつけ(インターナルコミュニケーション)、アウトプット(広報)する器でもあります。
平時における経営モデルと有事における経営モデルの違いを整理しつつ、そこにおける広報の役割を確認することを通じて、経営と広報の関係性について一緒に考えてみませんか。絶対正解はありません。そんなテーマを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

実務教育研究科 「知の理論 入門」
実務教育研究科 川山竜二 研究科長

「知の理論」という科目を聞いたことがありますか。「難しそうだし、役に立たなそう」と思われるかもしれません。この科目の由来は、「国際バカロレア(IB)」にあります。簡単にいうと、私たちのまわりをとりかこんでいる知識を見直そうというものです。知識というのも、科学のようなものからおばあちゃんの知恵、あるいは会社がもっているマニュアルなどが含まれます。なぜ、知識そのものを見直す必要があるのでしょうか。近年インターネット上に溢れる「フェイクニュース」のように、世の中には正しい知識・情報だけが流れているわけではありません。客観性が担保されている知識・情報を手にする力は、これからの社会誰にとっても必要なものでしょう。
知識と無縁な方はいません。関心をお持ちになったら、少し聞いてみてください。今回は入門ですので、自分の子供たちにどのような教育が必要なのか。これから必要とされるスキル・能力とは何かという話題にも触れたいと思います。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る