申し込みページ

2021年12月09日 (木)

ビジネス/コンサル

運輸・運送業が抑えておくべき労務管理(残業代請求対策編)

START 16:00
END 17:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

運輸・運送業を営んでいる経営者様は、ドライバーの労働時間管理に苦慮されているのではないでしょうか。
荷積みや仮眠における労働時間管理や2名乗務の拘束時間のほか、自動車運転の業務に関しては、改正労基法が施行された(2019年4月1日)、5年後(2024年4月1日)から、労働時間の規制が適用されることもあり、労働時間管理と残業代請求に関する相談が非常に多く、対応方法に苦慮されていることを実感しております。

特に残業代請求をめぐっては、「国際自動車事件」についての最高裁判決後、「能率手当」のあり方について、会社側の勝訴となった大阪高裁の判断(トールエクスプレス事件)が確定しており、その内容については是非とも押さえておく必要があります。

本セミナーでは、今後、労働時間規制に伴い想定される労働時間管理の在り方と残業代請求対策について、想定される事例を踏まえた法的留意点を60分でお伝えします。


<下記のような経営者様はぜひご参加ください!>
✓ドライバーの労働時間管理で留意すべき点を知りたい
✓適切な労働環境を整備するうえでの対策を知りたい
✓残業代請求をされた場合の対応方法を知りたい
✓弁護士に残業代請求に関する相談をするうえでのメリットを聞きたい


【講師】
京都総合法律事務所(京都弁護士会所属)
弁護士 伊山 正和

京都総合法律事務所は、京都最初の総合法律事務所として地元京都を中心にあらゆる弁護士ニーズに対応して参りました。京都内外100社以上の企業様で顧問弁護士を務めている各弁護士の得意分野を活かし、機動力の高い「動く弁護士集団」が、京都のみならず全国各地で皆様をサポートしております。働き方が問われる現代社会における最新の労務問題への対策・対応をご提供いたします。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る