申し込みページ

2021年12月11日 (土)

デザイン

ユーザ起点でクライアントの課題を発見~UX志向を実践する3つの考え方

START 14:00
END 16:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

公認会計士や税理士など、多くの国家資格や検定試験の受験指導などの教育事業を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、経営知識が学べる企業経営アドバイザー講座から、顧客視点で課題を洗い出すためのワークショップ『UX志向を実践する3つの考え方』を12/11(土)に実施します。


お客さまの「真の課題を発見・整理」…
言葉ではわかるものの実際にどのように進めるの?
そもそも、お客さま側の視点で見れていますか?

VUCA時代に必要な思考法としてバズワード化している「UX」や「デザイン思考」。
本を読んで実際に試しているものの、これって本当に正解なんだよね?と不安な方も多いはず。

今回は数多くの企業の課題を対話を通して整理し、ウェブサイト・アプリ構築など様々な支援をしてきた博報堂アイ・スタジオの今井 康之講師をお招きし、ユーザ体験に基づいて課題を発見する方法をワークを通して学んでいただきます。
博報堂アイ・スタジオ流の伴走支援は、何故、長年愛され続けるのか。ワーク時間もしっかりとっているのでノウハウの一部をこの機会にぜひ持ち帰ってください。

①真の課題発見についてユーザー起点で考える方法を学びます。
②UX志向・デザイン思考について学びます。
③ワークを通してペルソナ、ジャーニーマップ、課題抽出を体験します。


【こんな方におすすめ】
・クライアント・自社の真の課題を発見する方法を知りたい方
・デザイン思考を体験したい方
・UX志向を体験したい方
・企画に顧客思考を取り込みたい方
・BtoBのセールス(IS、FS、CS)でクライアントの事業理解をしたい方
・博報堂アイ・スタジオの伴走支援の事例を知りたい方


【講師】
今井 康之(いまい やすゆき)講師
博報堂アイ・スタジオ
プロデューサー・UXデザイナー

2010年博報堂アイ・スタジオ入社、スマートフォンの普及をはじめとした生活者のデジタル環境の大きな変化の中で、企業や商品のウェブサイト・アプリ構築にプロデューサーとして多数関与。近年では制作領域での経験を活かし、ユーザー体験を軸に、新規事業開発やブランド構築など、プロデューサー・UXデザイナーとして支援を行っている。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る