申し込みページ

ビジネス/コンサル

中小企業でも、自社アプリ・Webサービスは構築可能!MVP開発を取り入れた、新規事業立ち上げの基礎知識と事例解説

START 16:00
END 17:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

開発事業(ソフトウェア・アプリ開発)を行うDeFactory株式会社は、2022年1月27日(木)に、セブンセンス株式会社(中小企業DX推進研究会)社との共催ウェビナー『中小企業でも、自社アプリ・Webサービスは構築可能!MVP開発を取り入れた、新規事業立ち上げの基礎知識と事例解説』を開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。

本ウェビナーでは、MVP開発を取り入れた新規事業立ち上げの基礎知識と成功事例/失敗事例の解説に関する切り口から、実際の実務を行う上での取り組み方法や注意点等の解説を行います。


見どころ
1.事業構想から実際の開発(MVP開発)までの実例プロダクト開発の進め方
2.開発時の注意点と非エンジニアでも注意すべきこと
3.新規事業担当者として、発注者側でも持つべき基礎知識について


プログラムの内容
・MVP開発をベースにした新規事業におけるソフトウェア・アプリ開発
・新規事業立ち上げの基礎知識と事例解説
・失敗確率を低減させる開発のアプローチと考え方


こんな方におすすめのウェビナーです
・これから自社でソフトウェア・アプリ領域の新規事業を検討している担当者の方
・社内でエンジニアリソースが無い企業の新規事業担当者様
・自社の既存サービスに付随して、事業開発に着手したいCxOの方
・失敗しないための事業開発の知識を取り入れたいご担当者様


【登壇者】
■DeFactory株式会社
代表取締役 徳満翔平

2012年、専修大学を卒業後、株式会社マーケットエンタープライズに新卒入社。13年、創業2期目のITベンチャー企業に参画(取締役)、株式会社SpeeeのSEOアナリストを経て、17年2月にDeFactory株式会社創業。
創業事業はデジタルマーケティング、Web制作事業。

19年から自社プロダクトの開発に従事。これまでの事業開発時の失敗経験を踏まえ、『いかにして新規事業の失敗確率を減らせるか』を伴走コンセプトに21年9月より開発事業をスタート。

■セブンセンス株式会社(中小企業DX推進研究会)
副会長 笹原佳嗣

2010年よりソフトウェアベンダーでERPパッケージの営業、導入提案の業務を開始。2016年セブンセンスグループ (旧 アイクスグループ) 入社。パッケージソフト及びクラウドサービスの導入支援やバックオフィスを中心とした業務改革コンサルティングを担当。年間に30社以上の中小企業に、ITツールの導入支援やコンサルティングを行っている。2020年8月、中小企業DX推進研究会副会長に就任。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る