申し込みページ

文化 / 歴史

祝・第165回直木賞受賞!『星落ちて、なお』の作者・澤田瞳子さんの特別対談講座

START 13:00
END 14:30
料金 ¥3,300
配信媒体 Zoom

暁斎と京都の縁とは?
若冲の生きた錦市場とは目と鼻の先、円山応挙宅址の建物内にあるNHK文化センター京都教室にて対談を開催!
創作、美術、歴史、、旧知のふたりが語り尽つくします。


【澤田瞳子さん】
1977年、京都府生まれ。同志社大学文学部卒業、同大学院博士前期課程修了。
奈良仏教史を専門に研究したのち、2010年に長編作品『孤鷹の天』でデビューし、同作で中山義秀文学賞を受賞。
2013年『満つる月の如し 仏師・定朝』で新田次郎文学賞受賞。
2016年『若冲』で親鸞賞を受賞(直木賞候補にも)。
2021年『星落ちて、なお』で第165回直木賞受賞。
他の著書に『日輪の賦』『泣くな道真 大宰府の詩』『与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記』『腐れ梅』『火定』(吉川英治文学新人賞および直木賞候補)『龍華記』『落花』(山本周五郎賞および直木賞候補) 「京都鷹ヶ峰御薬園日録」シリーズがあり、いま最も勢いのある作家。


【狩野博幸さん】
1947年福岡県生まれ。九州大学大学院博士課程中退。九州大大学院文学研究科を経て、京都国立博物館勤務、同志社大教授などを歴任。
京都国立博物館「没後200年 若冲展」「没後120年記念 絵画の冒険者 暁斎」を企画開催し、若冲・暁斎人気のきっかけを作った近世絵画研究の第一人者。
『異能の画家 伊藤若冲』(新潮社、共著)、『もっと知りたい 河鍋暁斎 生涯と作品』(東京美術)など著書多数。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る