申し込みページ

ビジネス/コンサル

「越境による経験学習(Fail First)のススメ」〜組織の見えない鎖を解く鍵は、恐れを乗り越える機会〜

START 15:00
END 16:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社Hyper-collaborationは、認定NPO法人サービスグラントと共催し、自立型人材育成に向けた無料オンラインイベント「越境による経験学習(Fail First)のススメ」〜組織の見えない鎖を解く鍵は、恐れを乗り越える機会〜を2022年4月20日(水)に開催致します。


変化が激しく不確実性の高い時代、状況に適応した課題解決力を発揮できる自立型人材への需要が高まるとともに、その育成機会としての“越境学習”に注目が集まっています。

越境学習は、社員のキャリアアップにつながり、自律性の向上に役に立つだけでなく、企業で働く社員のモチベーションの維持・向上にも役立つなどの効果も指摘され、近年注目度は増すばかりです。


今回は「越境学習とプロボノ」についてフォーカスし、アカデミックと企業人事の現場の二つの視点から話題提供をいただきます。

登壇いただくのは、越境学習に関して数多くの話題をお持ちの法政大学大学院政策創造研究科教授の石山 恒貴先生。
また、Twitter Japan株式会社にて、新入社員の受け入れ、次世代リーダーの育成、営業研修の企画と実施を担っておられる中村 佳央氏のお二人です。

非営利団体の課題解決を目的として行うプロボノの、企業人にとっての価値や組織への効果について、共に考えていきます。


【内容】
Session1 越境最前線 企業の自律型人材育成とプロボノ

3月に『越境学習入門 組織を強くする「冒険人材」の育て方』を上梓されたゲストの石山先生から、企業が抱える人的な課題解決の選択肢として急激な広がりを見せている越境学習の現状や、「越境学習者は2度死ぬ」に表現される課題点や対応策など、越境学習にまつわる現状と今後の展望についてお話いただきます。

また、昨年から企業ミッションを体現できる人材育成を目的に戦略的にプロボノの導入を企画されたTwitter Japanの中村さんから、社員のエンゲージメント・リテンションの向上、能力開発など、当初期待していた副次的効果など、今、どのように評価されているのか。現時点での感触と今後の更なる可能性についてお伺いします。

Session2 座談会
法政大学の石山先生、Twitter Japan中村さんを中心に、VUCA、with コロナなど環境変化の目まぐるしい中での企業の人材育成について話します。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る