申し込みページ

子育て

乳幼児の先天性股関節脱臼に関する予防イベント「正しい抱っこ講座」

START 13:00
END 14:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

ハブインターナショナル株式会社は2022年5月5日に、誤った抱っこのしかた等が原因で発症する乳幼児の先天性股関節脱臼に関する予防イベント「正しい抱っこ講座」を保護者向けにオンライン開催致します。コロナ禍で発見や治療が遅れる同疾患を家庭で自主予防できるよう抱っこのしかたや同疾患に関する知識と傾向について、小児整形外科医からお伝えして参ります。


【先天性股関節脱臼とは?】
先天性股関節脱臼とは、乳幼児期の誤った抱っこのしかたや偏った体勢が原因で起こる、赤ちゃんの股関節の脱臼のことを言います。

現在、わが国では300~500人に1人の赤ちゃんに、同疾患が発症しているという研究データがございます。“先天性”とは言うものの、出生後から6ヶ月間に、抱っこのしかたが原因で発症することがほとんどです。抱っこのしかたを正さない限り、治ることはなく、そのまま放置すれば、成人してから強い痛みを生じることがあります。また、高齢期には人工関節を入れなければならない可能性が高まり、一生つき合わなければならない股関節疾患となり得るのです。


【なぜ予防イベントなのか?】
「正しい抱っこ講座」は、先天性股関節脱臼の予防イベントです。同疾患の専門医である小児整形外科医から基礎知識をお伝えするとともに、予防のための正しい抱っこのしかたについて、ワークショップ形式で実践して参ります。

昨今、コロナ禍により、同疾患の発見が遅れるケースが後を絶ちません。
産科で生まれた赤ちゃんは、2~4ヶ月の間に小児科で乳幼児検診を受けます。このタイミングで同疾患の診察が行われますが、発症が確認された場合、次は小児整形外科に引き継がれることとなります。短期間のうちに、3つの科を回り、ようやく治療開始となるため、コロナ禍では、どうしても発見が遅れたり、病院間の連携が遅れたりすることで、治療の遅れを招きます。

しかしながら、同疾患の80%以上は、そもそも“誤った抱っこのしかた”が原因で発症します。つまり、抱っこのしかたさえ間違えなければ、家庭でも自主予防できることがほとんどなのです。コロナ禍で、発見と治療が遅れる今だからこそ、家庭内における徹底した予防スキルが必要であると考え、この度の予防イベント開催を決意致しました。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る