申し込みページ

スポーツ

第106回日本陸上競技選手権大会・35km競歩

START 8:00
料金 無料
配信媒体 YouTube Live

本大会は「オレゴン2022世界選手権20km競歩」「杭州2022アジア競技大会20km競歩」の日本代表選手選考競技会を兼ねており、往復1kmの「道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コース」にて開催いたします。


国内初レースとなる男子35km競歩には、東京2020オリンピック50km競歩で6位入賞を果たした川野将虎選手(旭化成)をはじめ、丸尾知司選手(愛知製鋼)・勝木隼人選手(自衛隊体育学校)・野田明宏選手(自衛隊体育学校)など、競歩日本代表が多数出場を予定しています。
同じく国内初レースとなる女子35km競歩には、東京2020オリンピック女子20km競歩日本代表の河添香織選手(自衛隊体育学校)や、ドーハ2019世界選手権女子50km競歩日本代表の渕瀬真寿美選手(建装工業)が、出場します。


また、男女20km特別レースには、同じく東京2020オリンピック男子20km競歩銀メダリストの池田向希選手(旭化成)や日本代表の藤井菜々子選手(エディオン)・岡田久美子選手(富士通)らがエントリーし、オレゴン2020世界選手権の派遣設定記録の突破を目指してレースに挑みます。

トップでフィニッシュテープを切り「35km競歩初の日本選手権者」となるのはどの選手か、また何名の選手が「オレゴン2022世界選手権」日本代表内定の切符を掴むのか、最後まで見逃せないレースを是非ライブ配信でご覧ください!

新着記事一覧

ページ上部へ戻る