申し込みページ

AI / IoT / 最新技術

せきぐち あいみ氏登壇!NFTアートの未来を考えるウェビナー

START 15:00
END 15:45
料金 無料
配信媒体 Zoom

IT人材教育会社である株式会社SEプラスは、2022年4月20日(水)にSEカレッジ特別無料ウェビナー『NFTアートが描くミライとは?~新時代のアートのかたち~』を開催します。


昨今、NFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)は、アート作品の高額落札や参入する企業の増加等から、大きな注目を集めています。

その一方で、NFTという単語を聞いたことがあっても、実態はよく分からないという方が多い状況です。

NFTは、現在同じく注目を浴びているメタバースとの親和性も高いことから、今後国内外での市場はさらに拡大していくことも見込まれ、クリエイターやエンジニア、投資家等の直接的な関係者以外でも知っておくべきキーワードになっています。

そこでSEプラスでは、NFTアーティストとして第一線で活躍している「せきぐち あいみ氏」を招き、直接NFTを学び、その未来や可能性を考えることができるウェビナーを、定額制IT研修「SEカレッジ」内の特別無料ウェビナーとして開催することにいたしました。


【登壇者】
せきぐち あいみ 氏

クリーク・アンド・リバー社所属。滋慶学園COMグループ、VR教育顧問。Withingsアンバサダー。福島県南相馬市「みなみそうま 未来えがき大使」

VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、海外(アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、タイ、マレーシア、シンガポールetc)でもVRパフォーマンスを披露して活動している。
2017年、VRアート普及のため、世界初のVR個展を実施すべくクラウドファンディングに挑戦し、目標額の3倍強(347%)を達成。
2021年3月には、NFTオークションにて約1300万円の値を付け、落札され、同年12月、ForbesJapanが選ぶ今年の顔100人「2021 Forbes JAPAN 100」にも選出された。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る