申し込みページ

その他

妹と生き別れた施設出身者と語る社会的養護の昔と今

START 20:30
END 21:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

特定非営利活動法人チャイボラは、2022年4月23日(土)、児童養護施設で育ち、生き別れた妹たちを現在も探しながら社会的養護に関する活動をされている鼻崎孝さんをゲストにお招きし、社会的養護ついて一緒に考えるオンラインイベントを開催いたします。


特定非営利活動法人チャイボラは、2022年4月23日(土)、児童養護施設で育ち、生き別れた妹たちを現在も探しながら社会的養護に関する活動をされている鼻崎孝さんをゲストにお招きし、社会的養護ついて一緒に考えるオンラインイベントを開催いたします。

当日は、鼻崎さんの生い立ちや児童養護施設でのご経験をはじめ、児童養護施設出身者としての視点から社会的養護についてご意見を伺える大変貴重な機会です。社会的養護に関心のあるかたはどなたでもご参加いただけます。また、メディア関係のかたにもご参加いただけます。


■鼻崎孝さん(48歳)プロフィール
1歳6ヶ月の時に、1歳下の妹とともに大分県別府市の乳児院、その後児童養護施設に入所。

施設入所中に骨肉腫が発覚、手術し一命は取り留める。その後も長くリハビリが必要だったが、当時、施設職員の数が少なく付き添える職員がいなかったため、小学校時代から一人で医療センターに通っていた。

その後、兵庫県に住む親戚に引き取られることが決まり、施設を退所。しかし、そこで待っていたのは、精神的・肉体的虐待の毎日だった。「このままでは殺される」と感じ妹とともに育ててもらった施設へ逃げ帰ることを決意。

周囲の大人たちの手も借りながら、500km以上離れた大分県の児童養護施設に帰り着くも児童相談所の管轄が兵庫県であり、かつ県をまたいでの連携もなかったことで兵庫県の児童養護施設に入所することになる。

18歳の退所まで施設で育つが同じ施設に入所した妹とは生き別れの状態になってしまった。また、その後、妹が他にも2人いることが判明した。現在も妹たちの所在はわかっていない。

いつか3人の妹たちに出会えることができたらという願いをもちながら、社会的養護に関わるさまざまな活動を精力的に行なっている。どこかで生きているはずの妹たちに届けばという想いで、今回の学習会イベントで初めて本名と顔を公開する。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る