申し込みページ

心の病気

元陸上自衛隊初の心理幹部から学ぶ「メンタルヘルス」

START 15:00
END 15:45
料金 無料
配信媒体 Zoom

IT人材教育会社である株式会社SEプラスは、2022年5月19日(木)にSEカレッジ特別無料ウェビナー『なぜメンタルは弱くなるのか? ~本当のこころの強さとは~』を開催します。


新型コロナウィルス感染症の流行による生活の変化は、人々の心理的ストレス等のメンタルヘルスに大きな影響を及ぼしています。
実際に、コロナ禍が始まった2020年はリーマン・ショック直後の2009年以来、11年ぶりに自殺者が増加するなど、コロナ禍が人々の「心」に少なからず影響を及ぼしているのは明らかです。

感染に対する恐怖や行動制限、景気の悪化、リモートワーク・授業によるコミュニケーション不足等、様々な要因が考えられますが、新型コロナウィルス感染症の流行長期化に伴い、前述のような状況も持続される可能性が考えられるため、メンタルマネジメントは現在において非常に重要です。


そこでSEプラスでは、陸上自衛隊初の心理幹部として多数のカウンセリングを経験し、本邦初の試みである「自殺・事故のアフターケアチーム」のメンバーとして、約300件以上の自殺や事故にかかわってこられた下園壮太氏を招き、メンタルヘルスについて学ぶ特別無料ウェビナーを、定額制IT研修「SEカレッジ」にて開催することにいたしました。


■内容
1.いま日本人が抱えるメンタルヘルスの問題とは
2.こころが弱ってしまう仕組みとは?
3.こころを健康に保つためには?


【登壇者】

  • 下園 壮太氏

MR(メンタル・レスキュー)協会理事長、同シニアインストラクター、元・陸上自衛隊衛生学校心理教官

陸上自衛隊初の心理幹部として多数のカウンセリングを経験。その後、自衛隊の衛生科隊員(医師、看護師、救急救命士等)やレンジャー隊員等に、メンタルヘルス、カウンセリング、コンバットストレス(惨事ストレス)対策を教育。本邦初の試みである「自殺・事故のアフターケアチーム」のメンバーとして、約300件以上の自殺や事故にかかわる。
平成27年8月退職。現在はNPOメンタルレスキュー協会でクライシスカウンセリングを広めつつ、産業カウンセラー協会、県や市、企業、大学院などで、メンタルヘルス、カウンセリング、感情のケアプログラム(ストレスコントロール)などについての講演・講義・トレーニングを提供。著書40冊以上。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る