申し込みページ

2022年07月07日 (木)

舞台 / 演劇

07月08日07月09日07月10日

韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』

START 20:00
料金 ¥5,800
配信媒体 PIA LIVE STREAM

2021年11月に、韓国のEMKミュージカルカンパニーが制作したイ・チャンソプ、ミン・ウヒョク出演回の映像が配信され、話題になった韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』。今回、人気アーティストNCTのドヨン出演回が、日本語字幕付きで配信されることになった。


多国籍メンバーで構成されたグローバルボーイズグループNCTのメンバードヨン。メインボーカルを担当する派生ユニットのNCT127は、5月末に行われた東京ドーム公演が二日間で計10万人を動員するほどの圧倒的な人気を誇っている。また、ソロでバラエティー番組やドラマ、さらに音楽番組のMCを務めるなど幅広く活躍している。NCT127の楽曲では重要なパートを任せられることが多く、その透き通った美しい歌声と優れた歌唱力が大きな魅力だ。そして『マリー・アントワネット』でミュージカルデビューを果たすやいなや、ミュージカル界での活躍が期待される俳優の一人となった。


本作品は遠藤周作の小説『王妃 マリー・アントワネット』を原作とし、 『モーツァルト!』『エリザベート』『レベッカ』などを生み出したミュージカル界の巨匠ミヒャエル・クンツェが脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイが作曲を手掛けた、歴史上最も華やかな悲劇である。18世紀のフランス革命を背景に、王妃マリー・アントワネットと、社会の不条理に立ち向かい革命を引っ張った仮想の人物マルグリット・アルノーという、共に『M・A』のイニシャルを持つ二人の対照的な人生がドラマチックに描かれている。


ドヨンはマリー・アントワネットを愛するスウェーデン貴族フェルセン伯爵役で登場。美しい歌声に込めた高い表現力で、王妃への一途で純粋な愛を見事に表現している。王妃マリー・アントワネットを演じるのは、可愛らしさとカリスマ性を併せ持つキム・ソヒャン。自由と平等のために戦う女戦士マルグリット・アルノー役は力強い歌唱力が特徴のチョン・ユジが演じる。

新着記事一覧

ページ上部へ戻る