申し込みページ

美容/健康

従業員の肩こり・腰痛は健康経営に悪影響?!今だからこそ知っておきたい“プレゼンティーズム対策”とその投資対効果とは

START 11:00
END 12:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

医師会員31万人以上を有するエムスリーグループで医療人材ビジネスを展開するエムスリーキャリア株式会社は、2022年6月21日(火)、株式会社バックテックとの共催で、参加費無料のオンラインセミナーを行います。

今回は、株式会社バックテック代表取締役・福谷直人氏にご登壇いただき、企業の健康経営や従業員の労働生産性に関係が深い「プレゼンティーズム(※)」をテーマにお話しいたします。


企業が健康経営を進めるにあたり、重要視したい指標の1つが「プレゼンティーズム」です。プレゼンティーズムとは、出勤はしているものの健康上の問題で労働に支障をきたし、パフォーマンスがあがらない状態のことをさします。産業医科大学准教授 永田智久先生の論文では、生産性低下の主な要因として肩こり・腰痛を挙げています。つまり、肩こり・腰痛対策をしっかりすることで、従業員の労働生産性が向上、ひいては企業の業績向上も見込めると考えられます。


今回のセミナーでは、プレゼンティーズムの主な要因である肩こり、腰痛と従業員の労働生産性に着目し、従業員が気軽に健康相談ができるサービス「ポケットセラピスト」を提供する株式会社バックテックの代表取締役・福谷直人氏に登壇いただきます。『投資対効果を見える化! なぜ今“プレゼンティーズム対策”をする必要があるのか』と題し、プレゼンティーズムの要因分析をするメリット、プレゼンティーズム対策の投資対効果、産業医との連携方法など、従業員の労働生産性を向上させる有益な情報を提供いたします。


こんな方におすすめ
・従業員の労働生産性に課題を感じている人事ご担当者さま
・健康経営に取り組みたいと考えている経営者・ご担当者さま
・産業医、保健師、衛生管理者、衛生推進者など産業保健のご担当者さま


ウェビナー講演内容
・コロナ禍の働き方の変容による心身不調・ 生活習慣の変化について
・プレゼンティーズムの要因分析のメリット
・プレゼンティーズム対策としての肩こり、 腰痛対策の投資対効果
・産業医との連携方法、効果、事例
講演:株式会社バックテック 福谷直人氏

新着記事一覧

ページ上部へ戻る