申し込みページ

ビジネス/コンサル

モビリティデータを活用した新規事業の作り方

START 12:00
END 13:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

データサイエンスで企業と社会の課題を解決する株式会社DATAFLUCTは、ドライブレコーダーのデータやセンサーデータなどを活用したモビリティ領域におけるデータビジネスの最新トレンドを学べるウェビナー「モビリティデータを活用した新規事業の作り方」を7月21日(木)12:00から開催いたします。(オンライン開催、視聴無料、要事前申し込み)


スマートシティ推進における「モビリティデータ活用」の可能性
近年、まちづくりにおいても経済価値だけではなく、地域・住民の幸せ(Well-Being)・安全性を軸にした新たな価値が求められ、国内外でスマートシティ推進に向けた取り組みが加速しています。

中でも、生活・観光・物流などにおける移動体験の改善は多くの地域で求められる重要なテーマであり、モビリティデータ活用への注目が集まっています。一方で、ドライブレコーダーのデータやセンサーデータなどの「非構造化データ」の活用ハードルは高く、またこうしたデータをどのように活用すれば価値ある示唆を得られるのかも、多くの企業にとって難しい課題です。


本セミナーでは、「モビリティデータを活用した新規事業の作り方」をテーマに、モビリティ領域におけるデータビジネスの最新トレンドとDATAFLUCTのDX推進の取り組みについてご紹介いたします。

DATAFLUCTは、画像・音声・テキストなどの非構造化データをはじめ、データの形式にとらわれない「マルチモーダルデータ活用」に強みを持ち、データの収集・蓄積・加工・分析を一気通貫で実現します。データをもつ企業との共創にも積極的に取り組み、埋もれていたデータから新たな価値を生み出し、社会課題を解決することを目指しています。

本セミナーでは、インパクトテック事業本部 TOWNEAR事業責任者として多数のスマートシティ関連事業を推進する湯川 隆臣が登壇し、データビジネスを創出するためのポイントやモビリティデータ活用の最新トレンドを解説します。


<このような方におすすめ>
・自社データを活用した新規事業を検討しているDX推進担当の方
・モビリティ領域でデータビジネスを始めたい経営者、企画部門の方
・モビリティ領域のDX事例やトレンドについて知りたい方
・DATAFLUCTのDX推進の取り組みに興味がある方

新着記事一覧

ページ上部へ戻る