申し込みページ

地域

旧松尾鉱山新中和処理施設40周年記念シンポジウム「北上川から、環境新時代を考える~明るい未来へとつながる、SDGs・カーボンニュートラルの時代へ~」

START 13:00
END 16:00
料金 無料
配信媒体 Zoom

JOGMECは、2022年9月13日(火)、岩手県盛岡市において「旧松尾鉱山新中和処理施設40周年記念シンポジウム」を開催します。参加者の申込受付を本日8月8日(月)から開始します。


岩手県八幡平市にある「旧松尾鉱山新中和処理施設」は、岩手県から委託されてJOGMECが運営管理を行っていますが、1982年の運転開始以来、無事故運転を継続し、2022年3月に40年を迎えました。これを記念し、シンポジウム「北上川から、環境新時代を考える~明るい未来へとつながる、SDGs・カーボンニュートラルの時代へ~」を岩手県民情報交流センター(アイーナ)「小田島組☆ほ~る」およびオンラインにて開催します。


北上川は、冬には白鳥が飛来し、秋には鮭が遡上する東北地方を代表する河川のひとつですが、1932(昭和7)年頃より松尾鉱山から流出する強酸性水の問題が顕在化し、対策が不十分であったため茶色く濁り、「死の川」と呼ばれ大きな社会問題になりました。これを現在の美しい清流に戻したのが「旧松尾鉱山新中和処理施設」であり、北上川流域100万人の自然環境を保全する重要な施設となっています。


今回のシンポジウムは、この北上川の清流化の取り組みを契機に我が国の鉱害防止事業の取り組みへの一層の理解を深めることを目的としています。基調講演では、岩手県における松尾鉱山の鉱害防止事業についての取り組みをはじめ、我が国における金属鉱山とその環境保全の取り組みやSDGsやカーボンニュートラルからみる「水」の問題と鉱害防止事業の在り方について紹介する予定です。

さらに、岩手県にゆかりがあり、SDGsピープル第1号として選ばれた女優・創作あーちすと「のん」さんを特別ゲストとしてお迎えするほか、各分野で活躍されている専門家をお招きし、北上川の問題と新中和処理施設のこと、さらには広い視点での環境問題、SDGsなどについて、わかりやすくご理解いただくためのパネルディスカッションを実施します。

 

新着記事一覧

ページ上部へ戻る