申し込みページ

地域

第2回 地域通貨サミット

START 13:15
END 16:30
料金 無料
配信媒体 Zoom

株式会社カヤックは、第2回となる「地域通貨サミット」を開催いたします。

デジタル田園都市国家構想をはじめ、DXを通じた地方創生の取組が進み、デジタル通貨の普及を背景に「お金」の形が見直される中、「地域通貨」が再び注目されています。

地域コミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を運営するカヤックでは、イェール大学 成田悠輔氏らをスピーカーとして招き、地域ならではの多様な経済圏を創出するために、地域通貨をどのように活用するべきか、各地のキーパーソンとともに考えます。


いま、なぜ「地域通貨」に注目が集まっているのでしょうか。

従来の「お金」に対して新しい価値をつくろうと、これまでさまざまな取組が行われてきました。資本主義の限界が叫ばれる一方、これまでの東京一極集中から地域への移住や本社移転が加速し、分散をキーワードとした社会の再構築が進んでいます。そしていま、デジタル通貨の普及を背景に、地域通貨は新しい局面を迎えています。

一元的な価値観から多様性への転換が問われる中、ワークスタイルやコミュニティはどう変わるのでしょうか。地域ごとの豊かな経済圏が生まれ、これまでの「お金」だけでは測れない価値が流通する時代。地域通貨は、これまでのお金やコミュニティを変えていくことになるのでしょうか。

イェール大学の成田悠輔氏を基調講演に迎え、地域通貨がもたらすかもしれない社会の変化について考えると共に、各地の事例とこれからのお金の形を学ぶ3時間。


■対象
・自治体職員
・地域団体・NPO職員
・その他、地域通貨や地方創生に関心のある方

新着記事一覧

ページ上部へ戻る